2019年08月07日

イシューからはじめよ 著者 安宅和人

今回はこちら↓↓↓








だいぶ前の本です。



最近、YouTubeでお気に入りの「マコなり社長」という方がオススメしていた本で
旅行の車中で読みました。




そもそも、安宅さんはGLOOBISのセッションで何度も講演を聞いていたので
すごくすんなり入ってきました。






この方です。



この方と落合陽一氏とメルカリ社長の小泉さん、3人のセッションなんてものもYouTubeであがっていますが、もうあれは完全なアート。
何度観ても興奮します。





んで、本の中身です。
後半につれて、難解になりますが、大事なことは前半に固まっていてそこは非常に読みやすい。
すべてを語ることはできないし、こう書いている私もすべてを理解できたわけではありません。




イシューからはじめる」とは?
にフォーカスしてまとめていきたいです。




まず、この本が問題提起していることは




多くのビジネスパーソンが知的生産活動の目的を間違え、「犬の道」に逸れ、生産性が低くなっている




ということです。
なんじゃそりゃ??ですよね・・・




それはイシューから「しっかり」はじめよう?
ということになります。





このイシューの定義は本中で何度も言葉を変え表現されていますが、一番わかりやすいのは



本当に解くべき問題




これだと思います。



問題」はまず解くべきではなく
本当に解くべき「問題」かどうか見極めること




これがイシューの定義であり、シューからはじめよということです。




この考え方は
まずは死ぬ気で働け」とか
まずはやってみないとわからない」とか


の言葉をすべて否定します。




ここで言われている「問題」とは広義で捉えるべきで
私も日々、店舗運営していて、いろいろな「問題」を発見します。



・どう売上を上げるか
・人間関係をどう構築するか
・数字分析の目的は
・スタッフのモチベーション
・自分のキャリア
・働いている意義や目的



ここからさらに分解されてもいくので、とにかく多くの問題があります。



手当たり次第にやるのではなく
とにかくまずは「いま、私が解決すべき問題は」という立ち止まりで仕事の質をあげることです。



あっているかどうかわからないですが。
私は昔よく目の前の仕事がバラバラにあるときに、身体が先に動いてしまい、結局根性とパワーとスピードで乗り越えるような働き方をしがちですが、ここ3年ぐらいでしょうか。



俺にしかできないことはどれだ???」という立ち止まりをやります。



すると


これはあの子ができるな
これはいまやるべきではないな



など、目の前に散らばっている仕事の数々をふるいにかけることができます。



難しいのは、やはりまわりは根性系が好きで
死ぬ気で働いている人に魅了されてしまうこと。
部下からの称賛はあまり得られないかもしれません。


だからこそ、ほとんどの人は手当たり次第に目の前の仕事を根性で片づけ、100個のうち1個でも当たるような生産活動に走ってしまうのだと思います。




安宅さんはこれが「犬の道」だと。



100%は難しいかもしれませんが



私にかできないものかな?
これは本当にいまやるべきことかな?
この答えは本当に必要なのかな?



などの立ち止まりを
意識的にやることがスタートではないかなと思うのです。



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!





















m7322 at 10:32|PermalinkComments(0)

2019年07月29日

会社員初の6日連休 パート3~夢の国かよ~

ディズニーランドに行きました。
(小学4年娘の夏休み思い出日記の書き出しと同じ)




35年生きてきて初めてのディズニーランドです。
興味なかったわけではありません、ディズニーは嫁と付き合っているときの影響で大好きで、経済的に無理だったですわ・・・



これを、10歳とか12歳で経験できた娘たちに言いたい。
この贅沢者!!」と。





開園を待つ、人の多さにビックリ。


となりの人の声が聞こえてきます。
今日は少ないから、〇〇の待ち時間少なくて済むかもね


マジかよ・・・と。


朝8時30分すぎから、閉園の10時すぎまで一日中遊び尽くしました。
内容どうこうよりも


私はディズニーランドの利益や運営が気になるんです。


ちょっと調べると、混雑の緩和で5年前ほど入場料の値上げを行い、20%もなかった
営業利益率が24%前後まで回復したと。
つまり、本当に素晴らしい経営で抜け目ない。



ただ私が思うに、社会的評価を得るにはもっと細かく、顧客を差別していいと思うんですよね。
現に、35年間行けなかった私がいるし、いまだに行けない人もいる。


一方で、嫁の姉は一週間に1回行っているらしい。



距離での差別
頻度での差別
収入での差別



システムの導入コストやその維持、ヘビーユーザーからの反発、混雑の後押しなどあると思います。
ここは非常に難しい平等と公平の関係でもあります。


が、


それでも、フェアであるべきですよね。




まぁそれだけ、最高な場所だったということです


IMG_5498

IMG_5485
IMG_5445
IMG_5409



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!















m7322 at 11:51|PermalinkComments(0)

社会人初の6日連休 パート2~直接の出会い~

東京に着いた日。



意識は完全に平田さんです。




ここに平田さんはいるのか・・・




スカイツリーの中でも

この階段を上ったのか。
このエレベーターに乗ったのか。
この風景を見たのか。


など。もうほとんどストーカーです。





このような「オレは東京にいる」ツイートも何度か投下しており
心のどこかで気付いてほしいというおもいがありました。



しかし、気付いてもらえたとして、家族や親せきときていたので
会えることは叶わないだろうと諦めてもいました。



すると!!!








このときスカイツリーにいましたが


少し前に平田さんがきていたスカイツリーにいまオレはいて
平田さんが偶然ツイートに気付いてくれて
さらに多忙のなか飛んできてくれると





そう、ホントに俺はつくづくもっている・・・




わずか30分もない時間でしたが、とにかく実際に会えたことが嬉しい。
前田さんはZoomで話したときに、もっと固い人かと思っていたのですが、終始笑っていて最高でしたね。
そして、握手したときの前田さんの手が大きいこと(笑)



そんなこんなでこの写真(笑)





会う直前の平田さんとのDMでも


5分だけでも会いましょう」とか
後ろから付いていくだけでも」とか



平田さんの出会いへの貪欲さ、素直さが
人脈の拡大、信用、フォロワーに繋がっているんだなと実感しました。



コーヒーごちそうさまでした!!




直接、対面することの重要性
これは仕事においても意識せんといかん・・・


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






















m7322 at 11:19|PermalinkComments(0)