2019年06月27日

キーパーソン(4人目)

最後です。



ここでもう一度「キーパーソン」の定義を確認しておきます。



自分の人生において、最大級に影響を与えた人物
死ぬ前に思い出す人物
一度の人生、おそらく4,5人という超レアキャラ
好きとかを超えて同姓であっても抱かれてもいいと思える 向こうの気持ちは無視で(笑)
結構な以心伝心が可能



とこんな感じでしょうか。



そして、最後の4人目はまんがびとの平田さん → Twitterアカウント



出会ったのは2年半前。


読書により、いろいろな情報が入ってきていた私は、それはそれは未知な将来が超絶不安になり出します。
それは、いまの仕事がこのまま続くのか。
会社は生き残れるのか。などの不安。
10年以上、1つの会社しか知らないわけですからね。


そして、興味ある資格の勉強をしたり、副業を探したりなど
非常に人生をあがくようになるのです。
これからは投資だ!と言って、証券会社の口座を一気に3つほど作り、株の売買や積立NISA、いろいろやりました。
当時、流行っていたビットコインも買いましたね(笑)
オンラインサロンも2つほど入り、有料のメルマガ会員にもなったりと、とにかく情報に触れていくことを死にもの狂いでやりました。



3人目のキーパーソンである上司は、私のこのあがきたちを
でたらめな行動力」と名付けてくれました(笑)



副業に手を付ける流れで、何度か騙されかけたこともあります。
「来週までに20万振り込んでください」なんて言われたり。
お金あったらホントやばかったですね(笑)



そんなデタラメな行動力がクラウドワークスという「ちゃんとしたやつ」にヒットします。
エクセルやワードが小学生レベルな私にできそうなものはほとんどなく、アンケートの回答などをやりますが、ご存じのとおり稼げるとかの報酬ではありません。



そこで、平田さんが当時募集していた
自分の経験やスキルを活かして本を書いてみませんか?という仕事を見つけたのです。



なんだかんだ、いままでの仕事において
店長、文章上手ですね」とか
変わりに書いてくれますか」とか
店長のメール。いつも感動します」とか
でチヤホヤされてきたもんですから、思いきって「書かせてください!!」とメールしました。



あとは、いままでの仕事で成果もあげてきたし、失敗もかなりしてきました。
基本ハチャメチャなことばかりしていましたから書けるネタもたくさんあると。




平田さんと関係を持った方ならわかると思いますが、平田さんは非常に絶妙に最高に褒めてくれます。
気持ち良いぐらいに!
報酬より、平田さんの承認の方が心地よくなります。
入稿した書籍の検収がおわり、評価してくれるところがあるのですが、あの文章が毎回毎回、一番力を入れたところ、苦労したところ、挑戦したところ、もうすべて承認してくれるのです。


私が持ち合わせている言葉では、完全に力不足・・・
他の作家様であれば、もっと良い表現をしてくれそう(笑)



当時の出版数はまだ1500冊ほどだったと記憶していますが、これは平田さんの人間性に惹かれた人たちの回数だとも思うのです。
なんだかんだ、いままで何年も育んだ経験、知識、失敗談の大結集。
これをまず読んでもらいたいのは平田さんだ!!」と毎回念じて送ります。

承認してくれるとはいっても毎回、べた褒めでもないんですよね。
ここはこうした方がとか。
ここはよくないとか。
すべて真剣に考えてくれます。
そして、覚えていてくれる。
そういえば、池田さんのこの本にも書いてありましたね」とか
本人が忘れているようなこともズバズバと。


そういえば!!
直近でもらった言葉もすごく嬉しかったなぁ~
池田さん、困ったときはすぐに相談して下さいね



調子にのった私は、違うクライアントにも声をかけ執筆業の幅を広げようとします。
2年前のことでですが、いまでも忘れません。
「雪舟」について、1000文字でまとめてくれという依頼だったと思います。


なんだよ!楽勝じゃん!!と思い、いろいろ調べて「ドヤっ!」って送ったら、やり直し。
それを10回は繰り返し、トドメに「あなたとは今後契約できません」でした。
承認欲求の塊である私には、キツ過ぎるブロークンハートでした。
いま考えると、平田さんに出会う前に、このクライアントと出会っていれば、本を出すことなどなかっただろうと。



そこで、なんとなくわかります。
「オレはオレのことを感じたままに書きなぐるロックンローラーだと」
「平田さ~~~~~ん」みたいな、のび太テンションで平田さんの電子書籍の執筆に絞り、現在23冊書かせてもらっています。




生意気なことをいうと
平田さんのビジネスは本当にヤバいと直感で思いました。
最初から平田さんには伝えていました。
平田さんの仕事はいままで価値のなかった「過去の経験」を蘇らせてくれる最高のビジネスだと。



現実、私がキーパーソンの3人目である上司に平田さんのことを話すと
ぜひ一度書いてみたい!!」といってくれました。


人の経験やスキルっていうのは、伝承されたとしても会社の後輩や部下などではと。
人生でいえば、子どもぐらいですよね。
それを平田さんは電子書籍という形で、すべてのビジネスパーソンが発信できるようになった。


今や、Twitterを中心としたインフルエンサー出版に拡大し、もはや勢いがとまりませんが、この根本はやはり「見えないものを見えるものに」です。
勢いがとまらなさすぎて、だいぶ遠い存在になりつつあるのですが
たまに後ろを振り返ってくれるんですよね・・・

平田さんがインフルエンサー出版を閃いた瞬間に居合わせられたのが幸運でした!
まさにあの「そのとき歴史が動いた」のBGMが脳内に流れました。



本を書いている方なら、痛いほどわかると思いますが、過去何十年の経験というものは宝です。
それを知ると、本への投資が止まりません。本屋が楽園に見えます。
1500円前後でそれが買えるのです。


ただ、難しいかな。そのあとのアクションに結びつかない人の方が多く、もったいないことになっていいますが。(自戒もこめて)


だからこそ、平田さんは「読者に行動させること」を強く意識していますね。
そこが弱いと何度もやり直しです(笑)




もう言いたいことがありすぎて、もはや私にとっては安定といえるハチャメチャな内容になりましたが、とにかく人の人生を変える人ってカッコいいなと。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!

















m7322 at 00:52|PermalinkComments(0)

2019年06月12日

キーパーソン(3人目)

次もまた、地区担当という私の上司になります。




この方との出会いも古く、宮崎にいたときからなのでもう8年ほど前でしょうか。
初めのほうは、やはりキーパーソン2人目の上司があまりに影響力が強く、地区担当も1年単位でよく変わるので、とくに思い入れはなかったです(笑)



そして、熊本きてすぐにモチベーションMaxな私は、猛烈な「読書」を始めます。
店の目の前が本屋で、仕事終わったらすぐにそこに寄り、毎日のように本を買っていた。



そこで得た知識、情報を私は振りかざすことになります。



着任したばかりで、なめられたくもなかったから、とことん振りかざします。
すると、ほとんどのスタッフと次々に揉め事が起きました。



本を読んでいる私は、まだ「本の力」を信じ、コミュニケーション術や悩み解決術を読み漁り、実行するのですが、すべてうまくいかない。



とうとう私は、「読書」をやめました。
しかも、裏切られた感でしょうか・・・
かなりの強い意志でやめました。



そして、この3人目のキーパーソンである地区担当に変わったときに
この方は猛烈に「読書」を勧めてきます。



私は正直に言いました。
以前私はとても本を読む人間だったが、なんの役にも立たなかったと。



池田さんは人を変えようと思ったんですね・・・
読書は自分を変えるものです。成長させたり、知識が増えたり、考えが広がったり



そのあとも何度も何度もその上司はいろいろな本を勧めてきて、もう一度読んで見ようと思って読んだのが「ちきりんさん」の本でした。








これです。


でもいま考えれば、ちょっと前に話題になった







これとあまり違いがないような・・・
すごいですよね!




偶然にも、ちきりんさんのわかりやすい本が私にはすごくあっていて
古本などを巡って、すべての本を集めました。



ここから、また本に魅了される人生が始まります。
本の話に脱線していきそうなので、話を戻します・・・





そのあともこの上司とは一緒だったのですが、キーパーソン2人目の上司とは違い何かパッとするものがないのです・・・
とくに売場マネジメントが突出しているわけでもない、コミュニケーションも控えめです。
この上司、私のTwitterアカウントをフォローしているので言葉気を付けないといけませんが、ぶっちゃげ「俺の方が仕事できるんじゃね??」なんて考えたこともありました(笑)





これというきっかけもないまま、私たちの距離は時間の経過で近づいてはいきましたが、ふと気付くとこの上司、否定をまったくしないのです。


人に寄り添う力」なんて言葉でも何か物足りないですが



・店長(現場)の立場を優先してくれる
・人の悪口など一切言わない
・繰り返しになりますが否定をしない
・覚悟を決めている



あるとき、こんな話をしてくれました。


ある店長が店舗の利益向上のためにアルバイトの残業代を自分の現金で支払っていたというのです。
私もその店長のことはよく知っており、会議などで3ヵ月に1回合うか合わないかでしたが、そのときにもよく人件費削減のために自分の公休日に合わせて参加していると言っていました。
売場のオペレーションも上手で、私も上からでなんですが評価していました。

その残業代を封筒で渡している事実がアルバイトの家族の方から本部の人事課に伝わったこともあり、厳しいですが解雇となってもおかしくありません。
そのときの担当がこの上司で、その店長を評価しているところもあり、どうにか解雇だけは免れて欲しいと、あの手この手で奮闘したようなのです。


もちろん絶対にやってはいけないことですが、その根本的な姿勢。店舗の利益を少しでも改善したいという強い思いの表れでもあるんです。
利益がちょっと改善されたからって別に評価もされないし、給料もあがらないんですよ・・・


そして、上司は「もしそのとき店長が解雇になっていたら私は辞めてました」と言いました。
もちろん、教えてくれたのはそれがあって半年以上後のことですが。



自分の立場、役職を守るため奮闘している上司が多いなか、この上司だけは店長を守ることを徹底していました。覚悟があったのです




最近でもありました。
夏の賞与を決める評価シートで定性評価を自分で記入する欄があり、他の店長たちはこの記入に全神経と莫大な時間をかけ、自分の成果を超過大評価します。(実際、1日かけて書いていた人を見たことがあるので間違いないです)


会社が定量的な評価の差を過去一度もやってこなかった怒りがある私は300文字は書けるであろうその広い記入欄に毎回「とくになし」と1秒で書いて送っていました。
書いても無駄だし、力ない者が自分でする定性評価ほど醜いものはないと思っているので。


しかし、毎回毎回その上司は「今回も池田さんがトップの評価でした」とフィードバックしてくれます。




半年ぐらい前に新しい上司になり、一ヵ月ほど前に同じように評価シートの記入がありました。
私は同じように「とくになし」で送ろうと思っていました。
ただですね・・・
今回、数字が過去最高に悪かった私はこう書いて送りました。
数字がすべて」と。


すると、後日その新しい上司から連絡があり、「池田さん、この文はまずいです・・・」
「人事課から必ず戻ってきてしまいます」と。


その上司も悪い方ではないので、私も言葉に気を付けながらこう言います
「今までの評価シートはすべてとくになしで送っていたのですが・・・」と。


すると上司が
「マジですか・・・池田さんはそれはきっと前の担当がちゃんとした文章を加筆していたのでしょう」と。



驚きました。
ただ、このような裏でこっそり系が本当に多い上司なのです。




私が本を書いていることにも興味を持ってくれて、実際にまんがびとの平田さんに紹介をして、何冊か本も書いてます。



私同様に社会情勢や、イノベーティブなことにも興味があり、本当に貪欲な方です。
この上司となら、1日中話していても話が尽きないですね。



2人目のキーパーソンである上司とはまたタイプが違い、うまく表現ができず、この方を本気で語るとこれまた一冊の本ができそうなので、このあたりでやめておきます。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 20:42|PermalinkComments(0)

2019年06月11日

反応しない練習 著者 草薙 龍瞬

久しぶりの書評









ここまでに早く読みて~~と思いを込めた
本はなかなかないですね



よく悩み、よく精神すり減る」私を助けてほしかった。



ある動画を見ていたときに、紹介されていて知りました。
タイトルからわかると思いますが、マインドセットに関する本です。




まぁよくある本だろうと一瞬は疑っていましたが、どうやらこれは「ホンモノ」だった。
でも、これを私にまとめられるかな・・・
もう、超凝縮な要約と思って見て下さい。
なんだかんだ、ブッダの思想を元にしたものらしく、本書はとてもとても深いので。




そもそも

自分に正直に生きている人。
まわりを気にせずに生きている人。
毎日を楽しんでいる人。


この生き方は幸せだろうなぁといつも思うのですが。私なんかは雑念ばかりで・・・
そのときそのときで大小はあれど、「悩み」にいつも振り回されている。

大きくは2つ、「」と「将来


将来」はまだいいです。
これは、もちろん悩みではありますが、原動力でもあります。
池田さんはなぜそんなにいろいろできるんですか?」なんて聞かれますが、これが一番大きいですね。


情報を仕入れれば仕入れるほどに将来の不安は増すばかり。
ただ、リタイヤはしたくない。




この本の結果を先に書くとタイトルにもあるように




反応しないこと



これに尽きます。




ただ、それはとても難しく



8つの苦しみや、7つの欲求、5つの妨げなど、さっき私のいった「雑念」がとてもとても邪魔をします。

これらの細かな説明は割愛しますね、それよりもいいたいことがあるので。




それは


どうやって、反応しないようにできるのか?



ここが大事なんです。



数あるなかで3つ絞ると



まず「悩み」を2つにわけて考えましょ?ということ。



悩み」が複雑なものだから、解決するどころか妄想を生む。




1つは
その「悩み」の感情がどうやって生まれないようにするのか
また、すでにあるのならどうやって解消することができるのかというもの




そのポイントは3つ




相手の反応は自分の反応とはまったくの別物だと強く意識すること


相手の反応は相手にゆだねること


反応ではなく理解をすること






2つめは



相手とどう関わるのか



まずは判断しないことです。


あいつは今後も苦労するだろうとか
あいつは誰からも嫌われるだろうとか



それは結局、苦しみ合う関係が目的になり自分が苦しむことになると



もちろん、一方的な苦痛に耐えなければならない関係は存在しないともいっています。

「どうしても分かり合えない」という事実は悲しいかな、現実存在する。
そのときは、距離をとることも必要だと。



わかりづらいですかね・・・
悩みを「悩み」と捉え悩むのではなく

悩みの本質を捉えるものと、相手とどう関わるかは別にして考えよ!ということです。





次に




判断をしないこと





これムズイですよね・・・ホントに



著者はこういう順序で判断する自分から逃げろといっています。



いま、判断をしてしまった」という気付きを

     ↓

自分は自分」と考える

     ↓


素直になる」正しい自分よりも素直な自分を目指す




とあります。

さらにムズイですよね・・・



個人的には最初の「いま、判断をしてしまった」という気付きが有効だと思うんです。




この本のとりあえずなゴールは「反応しないこと


その大部分は判断した0,000001秒後に起きます。
つまり、判断した直後に判断してしまったと気付ければ、反応は起きにくい。


完全自論ですが、私はとりあえずこれでやっています。




最後が「妄想を止めよ」です





みなさんも妄想しません???



良い妄想や夜の妄想ならいいのですが、ここでは悪い妄想。
その妄想中は悪い妄想だなんて意識はありません。

それを気付くのです。



ブッダはこの感情や妄想の反応エネルギーを「結生」(けっしょう)と呼んでいます。



著者の「結生」の説明がわかりやすいのでそのまま抜粋しますが



新しい刺激に触れて作動する地雷



これを見たとき、本当にこのとおりだなと。
とくに見えてもいないものなのに、爆発し、大きく広がる様がまさにこれだと。





私はこれを2回読んで



判断してしまった!!
反応してしまった!!



と気付きとともに、感情から離れ、感覚(見えているものや動いている指など)に
意識を最大限に移動します。





そしてこれ!!






これは本当に有効

自分の雑念が消えるまでつぶやく
また、ぶり返したら、さらにつぶやく




最後に本中で紹介されているブッダの言葉を見てもらいたく最後に残します。


バラモンというブッダの弟子が
言葉の限りを尽くし、ブッダに誹謗中傷を浴びせたとき
バラモンにこう質問します。


バラモンよ、あなたが自宅でふるまったごちそうを客人が食べたかったら、それは誰のものになるのか?」と。


怒り狂っているバラモンも、師匠の質問には答えないといけなく


それは、私のものでしょう」と



さらにブッダは聞きます


あなたはその食事をどうするのか?



すると、バラモンは



それは自分で食べるだろう」と。



そこで、ブッダは説きます。



もし、罵る者に罵りを、怒る者に怒りを、言い争う者に言い争いを返したのならば、その人は相手からの食事を受け取り、同じものを食べたことになる。
私はあなたが差し出すものを受け取らない。
あなたの言葉は、あなただけのものになる。
そのまま、持って帰るがよい。






↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






















m7322 at 11:11|PermalinkComments(0)