2019年05月22日

部長巡回があってさ

私は3店舗を統括していますが、はじめての部長巡回がこの前ありました。
14年やっていて、初です
ちなみに元某有名アパレル関係の方(らしい)の女性です。






なんかんだ1000店舗の統括する部長巡回なので1ヵ月以上前から巡回は決まっていました。



そもそも、私の売場作りは差別化によって「お客様を唸らせる」に注力しているので、あらゆるところに「グレーな」陳列がしてあります。










こんな本を書く私です。
上司が「今回の巡回はどっちに転ぶかホントにわからない・・・」と。



「いつも、部長巡回が決まれば、売場をどう埋めていくかの対策ばかりで、てんやわんやするけど、池田さんのお店はその次元ではない・・・もうこれは賭けです・・・」


それは部長が唸るか、怒鳴るかの賭けです。



一応、グレーではなく、完全アウトな陳列だけ撤去しておきます(笑)




結果はこのとおり







判定は「唸らせました



ツイートに書いたとおりですが



こんな売場みたことない」と。
それ以外も、売場まわりながら

「なんだこれは・・・」

「すごい・・・」

「客単価がトップな理由がこれか」


など、それはもう「唸り声」の連発です。


はっきりいって、そのあたりは予想どおり。
私の売場を見て、ビビらない人などいません(笑)


そういえば、ジャニーズジュニアの「キンプリ?」の顔写真をPOPで使っていて
「これはやめて~~~、こういうの付けてると、普通にジャニーズ事務所からクレームくるのよ」
と、こんな「唸り」もありながら。



あとで聞くと、あのようなPOPを使っていたら普通はかなり怒られるそうな。
まぁでもここは部長の目。
売場から「売る気持ち」が伝わり、炎上まで至らなかったということらしい。




私はこの機会に聞きたいことを3つまとめており


上司に部長と話しをさせてくれるように事前にお願いしていました。



上司の上司である西日本所長が「池田くん、話しかけるなら今だよ!!」と言ってくれ、勇気をふりしぼり「部長、3つだけお話よろしいでしょうか?」と話しかけます。




その中の1つが



Twitterの店舗発信をさせてくれ」でした。



一応いままでも上司を通して、SNS戦略を中心にたくさんの提案をしてきました。
が、上司から返ってくる返答が、すべて「どうも部長は乗る気じゃない」というもの。



なので、今回も流されるのかな~と思っていたところ



「池田さんは、いままでもたくさんの提案してくれるよね」
とまずそこを知ってくれていたことに感動。


続いて



「まさか、売場がここまでのレベルだとは思っていなかった。
池田さんの売場を見るまでは正直、他にやることあるだろうと思っていたの。
この売場でやれることはもう何もないわね。
トライアンドエラーでまず、やってみようよ。
Twitterで何の目的で何を発信したいのか、まとめてもう一度提案してくれない??
楽しみにしてる」


と。



やりました!
これは、一歩目踏み込めたのではないかと。



翌日、上司から連絡きたので、部長のあの熱が冷めるまでに次のアクションを起こしたいと伝えます。
偶然にも来月、福岡で店長会議があり、そこでもう一度部長に会える。
今週までに提案書まとめて送るので、確認して、部長に送ってもらい、その返答をどうにかその店長会議でもらえるように協力して下さいとお願いしました。



微力だから、あがくのです。
頭もよくないから、あがくのです。
変えたいから、あがくのです。
活躍したいから、あがくのです。



この原動力は後悔することがそれ以上に怖いから


もう1つはこれです。


アバン先生の教え



10-300x203











↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 23:46|PermalinkComments(0)

2019年05月15日

断食3日間の軌跡

断食3日間を決行







なぜ断食なんて??







これは終わってから2日目に感じたことをツイートしたものですが、この中で最後の項目



自分の強さが知れる



に結構な焦点をおきました。





その前のツイートでは「大きな決意」を証明したいと書いていますが、同義です。




なんだかんだ、「俺は乗り越えられたんだ」という境地に立ちたい。



私の生き方の心臓部分でもあります。





さて、この3日間なにがつらいのか



まずは「空白の時間



断食をすると、私たちがどれだけ食事に時間を費やしているかわかります。
料理の時間や、後片付けなんかいれると、それはもう莫大です。


ただ、これはやる前からリサーチしていたので、図書館で借りた8冊の本が救います。




次に「断食の直後




これは「回復食」といって

ま・ご・わ・や・さ・し・いをとっていかないといけません。


ま・・・まめ
ご・・・ごま
わ・・・わかめ
や・・・やさい
さ・・・さかな
し・・・しいたけ(きのこ)
い・・・いも


いきなり、マックなんて食べるとたぶん胃がやられます。



直後の一食目は「スッキリ大根」というものを食べます。
これによって「宿便」というものを出すのですが、これがホント辛かった・・・

胃の拒絶に対し、無理やりいれていないといけないのです。


空腹を我慢するより、満腹の状態でモノを食べる方が100倍キツイ。



空腹は本当に辛くありません。
最初の1日目と寝る前少しという感じ。


みなさん、空腹が通り過ぎる感覚わかりますよね???
空腹が続くのではなく、それがずっと続くのです。



まぁでも、違和感っちゃあ違和感・・・




最後に



決行中の集中力低下や力が入らないなどの異常。







ダイエットという目的の場合には断食は最高ですね。
みるみる痩せてきます。


ただ、食欲ではなく、食事の楽しみがなくなるが辛いので
いっときはしないかも・・・






↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!















m7322 at 00:42|PermalinkComments(0)

2019年04月27日

デジタル1年生

嘘ような本当の話



まずはこのツイートから






この日、ある企業の「総会」とやらに参加しました。


いち店長である私なんかが参加するものではなく、通常は社長やオーナーやらの「お偉いさん」が参加し、役員の決定などを行う場です。



どうなんですかね・・・



こんなことをしているのなら、店頭に立って売り込みしたほうが、販促考えたほうが、生産的だとおもうのですが、定例行事はもう疑いの余地なく遂行するこの感じ。
コミュニケーションとしては有効かもしれませんが。




まぁ、「総会」の意義はここでは語らず、その中の驚愕の一コマを紹介します。




いつもながらツイートがすべてなのですが




全体の今期の方針が大きく3つありまして、その1つが




デジタルシフト」でした。



いままで、新聞の折り込みでチラシを打ってきたが、費用対効果がそろそろ厳しいと。
ほとんどのお客様はスマホで情報を取得していると。


みなさんも必ず行ったことがある、超ミラクル大企業の1つの方針ですよ。
やっとデジタル1年生かと・・・



ただ、全く準備してこなかったわけじゃありません。
そこは「大人の1年生
(エロい1年生みたいですが・・・)



いままで1年にわたり、LINE@の友だち登録を企画したイベントやインセンティブを設け、お客様に呼びかけていたわけです。




その友だちになってくれたお客様はなんと1300人




まぁ館全体の集客を考えると、すごい数字です。



ただ、そのあとに公表した、友だち登録をしてくれたあとにブロックしている人数が
なんと400人・・・


私なら、心折れてアカウント消すレベル。




まだ、驚愕の事実は続きます




その900人の「生きているユーザー」の中で閲覧してくれているのはなんと30人前後。
いいねやコメントなどのリアクションじゃないですからね。
PVという完全に見てくれている数。


だいぶなお偉いさんは、それでもたたみかけるように続けます。




「この数字は、近隣と比べてもいい数字です。今年1年間で、友だちの登録者数を3000人目標にやって参ります」と。



思わず、吹き出しそうになりましたが、まわりのおじさんたちを見ると、どうやらマジのようです。




ちなみに、インセンティブをもうけて友だちになってもらうと言いましたが、これ



「友だち登録してくれてる〇〇プレゼント」とかの類で、コストもかかります。


もちろん、最初の一手はそれで良かったかもしれない。
ただ、3分の1がブロックしているという事実が先じゃないかと・・・



そもそも、LINE@で流しているコンテンツがクソ魅力ないからブロックするんですよ。





これって、外部からみると、すぐにわかりそうなものですが、当の本人たちは本当に気付いていない。
今回はデベロッパーの話ですが、自社のSNSもまったく同じ・・・

そんなコンテンツお客様求めてないから・・・という投稿ばかり。


その割に、頭良さそうに横文字ならべて偉そうに語るのですよ・・・



役員級の意思決定者たちがこればかりの大企業は、ようやくデジタル1年生という話でした。
個の力、小さな会社が活躍する社会はどうやら「いま」のようです。






↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!
















m7322 at 00:11|PermalinkComments(0)