「機会損失」考えてますか???子どもの思考と行動

2019年03月16日

はじめての陳列出張

陳列出張のはじめ





あるとき、上司から連絡がきました。




兵庫の店舗でリニューアルがあって、陳列の人手が足らないので池田さんの力を貸して下さい」と。




秒でオッケーしました。
なんだかなんだ、私の陳列術が県外に飛び出す初出陣です!



意気込みはこんな感じ。






私だけでなく、九州から他の店長も5人呼ばれているらしい。
完全にライバルですね。




結果からいうと、私の陳列術が火を噴きました!!
そして、私の陳列術が認められ、4月に徳島に呼ばれました(笑)



その応援先の店長やアルバイトの方たちが私が陳列した売場を写真に撮ってるじゃないですか!



これ・・・陳列されましたよね???



応援先の女性の店長から最初に話しかけられました。



「どうして、こんな綺麗な陳列ができるんですか?私・・・陳列を教えてもらったことがなくて、今度から師匠と呼ばせてもらっていいですか?」と。



夢みたいな言葉を頂戴しましたが、ホントにこう言われたんです。



細かい話もしましたが、今後いろいろ教えて下さいと連絡を取り合うことにしました。



一方、私もいろいろな気付きがありました。


なんだかんだ、「池田さんの陳列はすごい」といろんな人から言われていたのですが、私は私の店舗、強いては九州の店舗ぐらいしか見てこなかったので、他店舗のレベル認識がなかったのです。



実際、リニューアルの応援ではあったのですが、もし私がそこの店長をすれば、日販10万は上げられる伸びしろと確信がありました。



すごくまじめで貪欲な良い店長だったので、言い方を気を付けないといけないのですが、私の「普通」が普通ではないという上司の言葉がやっと私の目で確認できたわけです。



これをきっかけに私は自分でこの陳列術を再現するのではなく、その応援した先での店長やアルバイトが再現可能なように、教えないといけない。



そんな課題も持って帰りました。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!



















m7322 at 00:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「機会損失」考えてますか???子どもの思考と行動