万引きの全貌社会人初の6日連休 パート1~親の子と子の親~

2019年07月13日

「やらない」大企業

私の会社は東証一部上場企業


業界3位とはいえ、FC、海外入れると店舗数は1000近く



正社員はざっくりですが600名
一時期1000人以上いましたが・・・



まぁいわゆる大企業です。



「大企業」って言葉、昨今の風では


できない会社
リストラ
スピード感ない会社
時代遅れの会社
クソホワイトカラー軍団
事件は会議室で起きてるんじゃない
(さすがにこれは古いか)

とか言われていませんか??


大丈夫!ホントにそうなので・・・



そこで、今回私が最近痛感している大企業の弱みをお教えします。
念のためにいっておくと、メリットもめちゃクソあります




それは「やらない」こと。



決して彼らもバカではなく、むしろ天才で
いまの課題の分析と、有効なアクションはわかっているんです。

イノベーティブなことも私のような変人がガンガン思いついちゃって、提案するものですから、意思決定層の耳にも入っているはずなのです。



ただ「やらない」・・・
「やらない」のか「やれないのか」のか「やりたくない」のか。
もう全部でしょう。



理由は大きく3つあります




忙しすぎる
人員不足もありますし、生産性向上の波もあります。
基本ルーチンワークに追われて、愚痴言って、酒飲んで寝たら次の日です。
たまにある休みは自分の趣味か家族サービスでまったく時間が足らない。



課題、問題が降り注ぐ
攻めと守り。この2つが繰り返されながら企業の大きな施策は動きますが
売上低迷の抑止や、社会情勢への対応(今で言えば軽減税率への対応など)など、守りが発生すると攻めはとても弱くなります。
新しいことへのチャレンジは最後の最後です。


レベルが低すぎる
やはり1000店舗もあれば、600人も社員がいれば、売場格差や店舗格差というのはあって、そのどこに会社の施策を合わせるかというとやはり「レベルの低い店舗」なんですよね。
チェーンストア展開、小売という枠組みでなくても、この底辺に合わせる感覚はどこもあるのではないでしょうか?
小学校でいう、授業ができない子に合わせられて、できる子が暇してしまうものに近いのでしょうか。



私が提案するものはどれもぶっ飛んでいるので、すべて受け入れてくれよ!とまでは思いませんが、上が承諾したこと、なに1つ実行されません。
以下に列挙しますが



私を統括店長兼売場立て直し職として全国を飛び回らせてくれ

100均のサブスクリプション。月定額制会員とか作ってマジで1コインで買えるようにすれば

自社のECを拡大。自社HPだけでなく、Amazon店とか楽天市場店とかつくっちゃいなよ

店舗のTwitter発信を可能にし、SNSででてこいや~~。インスタ1回当てて調子のってんの?

できない店長、成果出せてない店長のボーナスクソ下げて、売上悪いとき笑えないようにすれば

人員募集。1週間4~5日の1日4~5時間から。というバカな定型文やめよ?そんな暇な主婦いないから

既存店のリニューアル、俺にさせてくれ~~~。夜間に入れば、売上落ちないでしょ??

楽しようと在庫減らすから、売上上がらないんだよ。減らすのはバックヤードの在庫だけで売場の在庫は増やさなきゃ・・・基準調査して強制力働かせれば?

自動レジいつやんの?レジの人員だけで人件費の7割とられてるとか異常だと思ないのか?



など、もっと詳しいことはこちらに書いてます(笑)







なんという自然な流れ!



どれもなにを提案しても、本当にやらないのです。



この方針が浸透すると、まさに「出る杭は打たれる」状態で、みんななにも言わなくなり、大人しくなるものです。




組織をボトムアップで動かすことにちょっとの弱音・・・
まぁ、またしつこくやっていきましょう!!!



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!





















m7322 at 22:17│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
万引きの全貌社会人初の6日連休 パート1~親の子と子の親~