2017年10月

2017年10月28日

誰がアパレルを殺すのか?

ちきりんさんが珍しく本の紹介をしていて


1秒で購入。


ちきりんさんおすすめの本は間違いはないし

ちきりんさんが知っていることは最低知っておきたいから



3つのポイントでまとめる。


まずはアパレル業界の不振の要因。


もちろん不振という事実は知っていた。

GMSなどのいわゆるアパレルの専門店の退店により

私の働く別業態の企業が入り込む余地が実際出てきているから。


では、なぜかというと

サプライチェーンシステムと大量生産と中国生産のうまい部分を

知り過ぎて、顧客を見失ってしまったこと。


リテールマーケティングにも出てくるサプライチェーンとは

生産者から消費者に対し販売のベクトルが向かい、いわゆる

プロダクトアウトの性質が宿る。(作ったものを売りさばく)

他業態は早くそのシフトに気付き、修正したがアパレルは非常に遅れた。


2つ目は

消化仕入。

消化仕入とは店頭に並んでいるときも所有権はメーカーが持ち

販売された時に所有権が販売元に移る。

著書では百貨店、SMと限定されているが。

この販売形態は販売側に在庫リスクがないため

メーカーよりも立場が上になり、大量仕入れからの売場の拡大という流れが

全体的な傾向として見られ、消費者のニーズが置いて行かれた状態であると指摘

している。

また、流行というプロダクトライフサイクルも速いため

大量在庫として自分たちの首を絞めることにもなっている。



3つ目には

今後どうしていけばいいのか。

ますは、ゾゾタウンやAmazonなどの実店舗を持たない

ネット販売媒体への対策。

洋服とは買回品で必需性がないため

昔のように待っているだけでは消費者は買ってくれない。

やはり、販売力。著書では販売ではなくもはや営業のスキルに近いという。


そこの営業力で販売員のスキルを上げいかないとネット販売に飲み込まれてしまう。

そのためにはアパレル業界は給与の面で厳しいという世間の評価を変えないといけない。

販売力のある販売員は個人で年間1億売上げる人も少なくないらしい。

そこで年間売上の1割を給与に上乗せという形などをとることで

年収1000万も夢ではないし、結果が評価されるという

2つの側面からこの危機を脱出したいという経営者もいた。


なかなか、自分ではアパレル業界のことに触れることがなかったから

ほとんどの内容が新しく新鮮だった。











m7322 at 17:27|PermalinkComments(0)

2017年10月26日

投票率53,68%「戦後2番目の悪さ」

もうそろそろ変わらないといけないのでは・・・

投票の現状は別記事の「投票に行ったけども・・・」を

見てもらえるとわかる。


次の投票に行くかどうかはわからない。

私はまだ田舎だから待つ時間もなかったが

都会では期日前投票でかなりの行列ができ

諦めた人も多くいるようだ。


18歳の投票率は50%以上あるのに

19歳の投票率は32%というデータも出ていて

理由は、前回は関心と高校の先生によるレクチャーがあって行ったが

今回はまわりの関心も薄く、卒業もして環境が変わったからという。

環境が変わることは大きいよね。

あそこに1人でいくのはなかなか勇気がいるし。



私が行くかどうかわからないのは

メリットとデメリットの均衡が微妙だから。

メリットは

政治への参加意識という自己満足とインプット。


特にインプットに関しては大きい。


やはり、投票に行くと結果が気になり、行かない時より


情報は収集する。


デメリットは

時間の浪費と低生産性の現場を肌で感じてしまい憂鬱になること。



この均衡が微妙なのだ。



知識のない若者の投票を疑問視する声が多いということだが


若者以外が知識があるのかどうか甚だ疑問。


こういう私も候補者の中で一番若い人に投票し


ただ実行力を期待した。


理由はそんなもの。


公約とか実績とかはあまり見ていない。


ネットにすると、自分のタイミングでできるから

事前の情報収集も今よりしっかりできて

精度は上がると思うんだけど・・・


ネットにならない理由も調べると

まぁなるほどと思うが、それでもやった方がいい。









m7322 at 00:29|PermalinkComments(0)

2017年10月24日

少子化と戦う「7つの方法」 NEWSPICKS  後半

後半部分の興味あるところを抜粋。

1つめは

人口減少ペシミズムとの戦い方として紹介されてた。

ペシミズムとは「悲観主義」

人口が減ると、経済成長にとっての弊害となるのは

間違いないが、可能性はある。


例えば、農家の人が

毎月10人で100時間を費やし、管理していた畑を

トラクターやその他自動の設備を使用し

毎月2人で40時間の投入で同レベルの管理が実現できるようなことは

他の分野でも大いにあるとの見解。

人口が減るから経済成長できないのではなく

イノベーションにより同等、もしくはそれ以上の生産性は見込める。


ただ、人口が減ることで、将来のイノベーションが起きづらくなることは

注意は必要としている。


こうも言っている。


日本は便利過ぎる。


今までは良かったかもしれないが


コンビニに留まらず、スーパーまでもが24時間営業。

正月の営業。お盆の営業。

ドミナント出店による集中。


など、働く人の時間が多すぎるとお金のサイクルも鈍る。


働く人も消費者であることを忘れてしまっていると。



次が人間の「おばあちゃん」の存在。


生物学的におばあちゃんがいるのは人間だけということ。


寿命のギリギリまで出産するチンパンジー
1頭しか生まず、ゆっくり成長し、50歳ぐらいで死ぬゾウ
など、

孫の成長に参加する生物はいないというのだ。

では、なぜ人間には「おばあちゃん」が必要なのかの仮説がおもしろい

それは「知恵と経験の伝達」

子どもの育て方、近所づきあい、食料の取り方などを

しっかり伝えることで生存率を上げているという説明。

たしかに、私の子どもも

両方の母親と接することが多く、

いろいろ無意識でも学び取っているなと感じる。


しかし、そのおばあちゃんを今の日本はうまく使えていない。

田舎から都会に移り住み、おばあちゃんの目が届かないところで

生活してしまい、情報の伝達がうまく機能していないという


たしかにニュースとしてインプットされる、子どもの虐待や

犯罪の低年齢化などを見ていると

つながる部分はある。









m7322 at 00:13|PermalinkComments(0)

2017年10月21日

少子化と戦う「7つの方法」 NEWSPICKS  前半

やはり、インプットすると、それに付随する情報が

目に飛び込んでくる。


というか引き寄せられる。



それは、先日読んだ日本の未来の年表という本で


具体的にはその記事を見てもらればと思う。



日本の人口減少がもたらす結果を

鮮明に描いていた。


そして、今日の朝NEWSPICKSの記事を読んでいると


タイトルにある少子化と戦う7つの方法という分厚い記事が書かれていた。


なんたる偶然。


その前半部分をまとめ、個人的な感想を添えたいと思う。


まずはAI。

しかし、ここでは労働の視点ではなく

未婚率を改善するのにAIをという視点であった。


おもしろいのが、ここ10年前ぐらいから言われ始めた

職場の「セクハラ」撲滅社会。


「セクハラ」って昔は相当、えろい言葉であったが

「セクハラ」の領域があまりに広くなりすぎ

最近では「セクハラ」と聞いてもあまりえろい感じがしなくなった。

当然、手で肩をたたくことも「セクハラ」になり

「今度、ご飯食べに行こう」なんてものは一発レッド。

自社のコンプライアンス学習でも本当にそういう誘いも

全てアウトになる。

その職場環境で10年前のように恋愛できるだろうか?

私も良く言っているが、職場の人とは下手すれば

家族より一緒にいる時間が長い。

しかも、一緒に一喜一憂し、困難も乗り越える。

そこで恋愛感情が生まれるのは、ほぼ必然である。

しかし、今のセクハラ撲滅社会がそれを一切許さず

未婚率に拍車をかけているという理論である。

そこで、AIが相性の良い男女を引き寄せるツールになるでは

ないかという記事だった。


次に「待機児童」による子育てのハードル上昇。

これにも面白い内容があった。

そもそも、保育士の給与の低さは

ホリエモンのツイート炎上で話題になった。


しかし、真実が驚き。


私たちが保育園に収めている7~8万だけでなく

保育園には10万~40万ほど手当が国から支給されているということ

もちろん、幼児の年齢、規模や認証において変動はあるが。


つまり、私たちの収めているお金ではなく

国からの手当で保育園は経営されている。


1人1カ月あたりそれだけ支給されているのに

保育士は給与が低いのかというと


やはりそうでもないらしい。


一部を除いては、かなりの金額をもらっている。



詳細は記事を見て。ビックリするよ。


そこで、良い思いをしているのは誰かということ。


それは日本保育協会、全国私立保育協会、全国私立保育連盟


この3団体が新規参入を一切許さず、保育園児を待たせてまで


認可保育園の収支を確保しているということ。


これは東京での話で地方ではあまり当てはまらないと思うが


東京でも小池さんがメスをいれているようだ。


つまり、保育園業界に参入できるしくみ


規制緩和が有効とのことだ。













m7322 at 22:55|PermalinkComments(0)

2017年10月20日

投票に行ったけども・・・

行かない方がよかったかな・・・


とんでもない超低生産性の巣窟で


見たくなかった。



実ははじめて選挙に行ったのだが、今までは

忙しいし、1票で変わるわけないし、よくわからないし、どうでもよかったから

行こうとも思わなかった。


期日前投票は知っていたから

会場などを調べると

まぁ近い場所にあったし、休みだし、ご飯食べにいくついでだから

あとは行かないより、行った方がいいかなと思って、行くことを決めた。


嫁と投票場所に着いたのだが、まず玄関入口に1人の年配の女性。

まぁハガキ持ってるから投票にきたことはわかるんだろう

「こちらへどうぞ!!」と指をさした方向に投票所とでっかく案内がある。

心でまず1人目「あなたいらない」

目隠しボードで狭く区切った中に入ると右手すぐに長机に3人の女性が座っている。

一番手前の人にハガキを渡し、なにやらバーコードをスキャン。

そのハガキを返され、「隣に移動してください」と。

隣に移動するため片足を10cmほどスライドさせ、そのハガキを渡す。

そしたら、投票用紙を渡しされ、またハガキを返される。

3人目は・・・何もないんかいっ!!

今回は2人目のタスクは1人目で間に合うためいらない。

3人目は120%いらない。

まだ言ってなかったが、入って左側には長机が2つもあり

すでに4人ほど座っているから、嫌になる。

ちなみにこの狭い空間にいるお客様は私と嫁の2人。


すこし話が逸れたが、投票用紙をもらってまた10cm前に進むと

はじめての男性の方。

この方はずっと立っている。

「こちらで記入をお願いします」と

鉛筆あるからわかるわ!!


心の中で「あなたもいらない・・・」


投票用紙に名前を書き、投票箱に入れると。


反時計周りに30cmほど移動し、入って左側の長机に座っていた

一番前の女性にハガキを渡し、


「辞めてもらいたい裁判官の方がいれば、×を書いて箱に入れてください」と


6,7人ほど名前が書いてあったが、誰も知らん!!

何も書かず、投票箱に入れる。

その女性の後ろの3人は

ただただ前を見ている。

「お疲れ様でした」と玄関のところにいた女性に見送られ

私も嫁もなんともいえない感情に。


さぁ、ここで問題です。

全員で何人いたでしょうか!?




答えは



9人!!


マジかよ・・・・
ホントに酷い。


1日でも早くネット投票にするべき

これ集計も考えると本当にやばいよ・・・

ちなみにネット投票問題点

・投票率が上がると困る人が出てくる
(政治的にだと思う)

・セキュリティの問題
(ハッカーなんかにあたったらってこと?)

・投票のプライバシー
(確かにあの空間なら嫁とも相談しずらかった)

・組合などの団体による工作


たしかにわかるが、実際投票したけど

投票理由は「若いから」だぞ!


ネットの方が事前に少しはググれるし

精度は上がると思うが。

この9人のうち、誰も言わないのかな

「私・・・いらないんじゃ・・・」



























m7322 at 15:57|PermalinkComments(0)