2017年11月

2017年11月27日

自書の評価

電子書籍ではあるが、何冊か本を書いている。


Amazonとかになると丁寧にレビューをつけてくれる人がいる。


レビュー自体が付くことが全くないから、ほとんど見ないのだが


今まで3回ほどコメントありでついたことがある。


そして、先日厳しいレビューを頂戴し


生意気ながらもショックを受けてしまった自分が今はおかしくてたまらない。


その一部始終を書いておく。



当然、☆は1つ。


内容は(覚えている範囲で)


「タイトル、見出しはそれらしいことを書いてあるが
全く根拠がなく、本の中でホリエモンも言っているがとあるが
所詮、その程度の本である。もっと勉強して欲しい」とあった。


このレビューにしばらく傷ついたのだ(笑)


どうしてこんなにひどいこと言うのかと。


まず、考えたのは


「こいつ、ただのクレーマーだな!他のレビューも見てみよう
きっと、全て悪いレビューをつけてるに違いない!!」と。


ここまで自信過剰では、こんな感じになってしまうのだ。


他のレビューも見てみると

たしかに厳しい評価を下しているところもあるが

良いものはしっかり称賛し、その評価が「役に立った」という

評価すら多くされている。

つまり、決してクレーマーではなく

有能なAmazonユーザーだったのだ。


まず私はこの人が高評価している本をなんとか見つけ即購入。


「国語ゼミ」という本だった、大人のための国語の教科書らしい。


私からすれば、「じゃあ、あなたが良本だというのはどんな本だ!見てやろうじゃないか」


ぐらいの必死な抵抗である。


この本は半分ぐらい読んでるので、また別の機会に内容は書こうと思う。



さて、この人のレビューに戻るが、なぜ今は笑っていられるかということだ。


1つは
悪いレビュー1件付いただけで何落ち込んでだということ。
そもそも、Amazonでも楽天ブックスでもレビュー自体がついていないことがほとんど。
まして、有名な著者の方たちが出された本も悪いレビューは1件どころではない。
(もちろん、良いレビューがほとんどだが、どんなに良本でも1つは悪いレビューがつく)
ちょっと文章が得意だからといって、最近執筆を始めた素人の書いた本が
良いレビューのみで埋め尽くされるなんて思うことが、調子が良すぎるというもの。



2つめは
この厳しい意見をくれた人が言った「ホリエモンが言った~」のクダリである。
細かくは覚えていないが、20ほど見出しがある中で、ホリエモンの話題を出していたのは
後半の16、17あたり。
そのとき読んでいたホリエモンの「多動力」にある
電話をしてくる人と仕事をするな!という表現で
同じ考えであったし、そこの見出しにも電話でなくメールで報告する合理性を説きたい
場面だったから、引用したことを書いたうえで一ケ所足させてもらった表現である。
つまり、その厳しい意見をくれた人は、まずは私の書いた本を買ってくれて
最後まで読んでくれて、評価してくれているのだ。


そこの部分に「なんだよコイツ!クレーマーかよ!!」は

我ながら情けないセルフペップトーク(笑)

むしろ、まずは感謝だろ!


最後にこの人が言っている「根拠がない」という指摘。

もちろん、根拠は大いにあるはずなのだが、

それはあくまで主観であり、客観的にこの本を

見たときには「根拠がない」のだ。

そうなると、私の全ての本も根拠が弱い可能性があるし

今後の書き方におて、客観的な根拠の設定が必要だと

私の成長を危惧してくれているのだ。


しかも、最後には「勉強して欲しい」と成長まで期待してくれている。
(さすがにこれは無理があるか。単なる皮肉だろう)


ということで、いっちょ前に傷ついてんじゃね~よという話で


そこまでのレベルではまだないということ。


読み手が求める根拠をしっかり考えよう。























m7322 at 00:29|PermalinkComments(0)

2017年11月26日

ペップトーク

この本はかなり焦らされた。


何か良い本ないかなと思いネットを調べてみると


なんと、聞いたこともない「ペップトーク」という本が1位で思わず購入。


しかし、在庫がなかったらしく、4日ほど待たされた・・・


いつもは翌日には届くから、この期間が焦らされたのだ。


その4日間でこの本は私に相当ハードルを上がられてしまう。


在庫がないほど人気なのかとか

嫁に聞くと、どうやらドラマで取り上げられたようで

それで火が付いたことも把握でき、そんなに良本なのかなど

何段階かハードルを上げられた。


いよいよ昨日これが届き、何よりも優先し読むことになる。


今日、娘たちの小学校の発表会だったのだが、そこにも持っていった。

娘たちの出番以外に読み進めると、全て読み終えてしまう。




結果からいうと・・・・・・微妙・・・・・・・



セルフペップトークという観点からポジティブシンキングも少し記載されていたが


あまりに当たり前のことすぎてで有力な情報はない。


この手の話し方、伝え方の本はかなりの量を読んでるからと思うが


その他のところでも有力な情報はほとんどない・・・・


強いていえば、「ペップトーク」の意味と存在ぐらい??


ただ、一ケ所だけ印をつけたところがある。


それは、「滞在意識は善悪を判断できない」というところ


想像するな!とか


ミスするな!とか


負けるな!とかは


想像しろ!

ミスしろ!

負けろ!


と同義語だというのだ。


例に挙げられているのが「緑のたぬきを想像するな!」と言われて


人は
「カップ麺の緑のたぬき」か
「本当に体毛が緑のたぬき」のどちらかを


想像してしまうということ。



つまり、ペップトークにおいては


ネガティブな用語自体を使わないように気をつけなければいけないということ。


この本はこの教えが全てだと思っていいぐらい。
(もちろん個人的には)
















m7322 at 23:42|PermalinkComments(0)

2017年11月22日

島田紳助さんのお笑いの教科書

今日の仕事への車中で見た動画。



約一時間にわたり、島田紳助さんが


NSCの練習生たちに熱く「笑い」の講義をしている動画。


もちろん、何年か前のものだが。



これホント凄い。



お笑いとしてるけど、全て共通するものがあって

他人事じゃない。


まず、「心で覚えろ」ということ。


紳助さんは年に一冊、本を読むか読まないかだという。


本を読むことはまったく意味がない。


人間、アタマで覚えたものは必ず忘れる。


逆に心で覚えたものは何十年経っても忘れない。

心で覚えることを意識する。

だから、その講義中も一切メモをとらずに聞かせている。


本を読むことはまったく意味がないというのは強引な気がするが


確かにアタマで覚えたものは確実に忘れる。


学校で習った公式なんてもちろんで


最近学んだリテールマーケティングの内容だって8割は忘れている。


執筆しているときも、ここだ!と出てくるエピソードや経験は全て


心で覚えているもの。


意識するだけでも違うのならば、明日からやってみると面白い。



次にxとyの関係。


xは社会の流れ、笑いでいうと流行だという。

つまりマクロの世界。


yは自分の力量や気持ち、笑いでいうとセンス。


このxとyがそろって初めて世に出る事ができる。


しかし、どっちかだけを求めるやつが多すぎると指摘。


しかも、yに関しては、人に求めても答えなんかでないのに


yを聞いてくるやつが多すぎるという。


xとyを同時に追求してこそ成功がある。


分析の大事さも訴えている。



まだまだ、おもしろい話があったが

パート2でもまた書こうと思う。

通勤電車で10分読むだけ残業ゼロの本。今日の夕方は絶対定時で帰れる魔法の時間管理術!【電子書籍】[ 池田正輝 ]
通勤電車で10分読むだけ残業ゼロの本。今日の夕方は絶対定時で帰れる魔法の時間管理術!【電子書籍】[ 池田正輝 ]
通勤電車で10分読むだけやる気100倍の本。今日1日高いモチベーションを維持する魔法の心理術。【電子書籍】[ 池田正輝 ]
通勤電車で10分読むだけやる気100倍の本。今日1日高いモチベーションを維持する魔法の心理術。【電子書籍】[ 池田正輝 ]
80%の人ができていない売上を上げる数字力とは?数字を取り入れた会話でスタッフが変わる!【電子書籍】[ 池田正輝 ]
80%の人ができていない売上を上げる数字力とは?数字を取り入れた会話でスタッフが変わる!【電子書籍】[ 池田正輝 ]
PDCAのDを連打するシンプル問題解決術!今までと違う結果を出すために必要なたったひとつのこと。【電子書籍】[ 池田正輝 ]
PDCAのDを連打するシンプル問題解決術!今までと違う結果を出すために必要なたったひとつのこと。【電子書籍】[ 池田正輝 ]






m7322 at 22:38|PermalinkComments(0)

エロ本が絶滅危惧種に

今日のヤフーニュースに面白い記事がランクイン。



イオンGが全ての成人誌を取り扱わないと決定。



まぁなかなかイオンの雑誌コーナーなどでは


成人誌を見かけるとはなくなったが


イオンGとするとコンビニのミニストップも含まれるため


明日からすぐというわけではないがコンビニでもこの流れで


成人誌が消えるかもしれない。


そもそも調べてみると、コンビニの成人誌の売上は


年々減少傾向で、雑誌全体の10%も占めない。


場合によっては一日1,2冊ということらしい。



それならば、排除するのにそこまで抵抗はないか。


企業のそういう動きに反発するのも


なかなかハードルが高くもなるためそうはいないだろう。


「エロ本なくすなんて、もう二度とお前の店には行かないからな」的な。


1人ぐらいはいるかな(笑)


確かにエロ本の需要はもはやオワコン。

全てスマホで解決する。

逆にスマホで得られるコンテンツを

小学生、中学生が容易に得られると

色々問題??

いや、逆に性犯罪が減る??


真面目な話しのつもりだけど

スマホのあれだけのコンテンツがあれ

生身の女性がいなくても、それなりの性的欲求は満たされる。

未婚率や少子化という社会問題にも

少なからず影響あるんじゃないかと思う。

だって、私たちのエロ本しかなかった時代は

女性がどれだけ未知の領域だったか。



余談だが

私たちの子どものときエロ本の存在感はでかかった。

道ばたに雨に濡れてパリパリになったものが

実際本当によく落ちていた。

恥ずかしいから友達には興味ないフリしたり

気持ち悪いなんて言ってみたりするも

心底、持って帰りたいぐらい興味がある。


はじめて買った日のことも覚えている。

おじいちゃんが経営している超小さい古本屋で

友達とジャンケンをして負けて買わされた。

18歳未満だよね?みたい追求だけが怖かったことを覚えている。

無事に買えたが。


自分の部屋の中の隠し場所も冒険だった。

といっても、9割は勉強机の一番下の引き出しの奥だと思う。

友達も全てそこだったから。

ただ、ときどき綺麗に整えられている感じがするも

当時はバカだから、まさか親が気付くまいと気にしなかった。


今、親だからわかるけど気付くよね(笑)




そんな、私たちの青春の神器である「エロ本」が


とうとう絶滅しようとしている。


今の子どもたちはあのどきどき感が

味わえないのか・・・


ありがとうエロ本。













m7322 at 00:17|PermalinkComments(0)

2017年11月21日

ヒカルさんの復帰

約2ヶ月ぐらいかな


活動休止をしていて2日前ぐらいに復帰動画を上げていた。



コンテンツとしては見てもらえばわかることなので



ふれず、個人的に感じたことは「強さ」



おそらくはまだ活動休止としては短いという意見も多い中復帰するということは



否定的な意見、人を背負っての復帰になるのだから、かなりの


マインドがなければ潰さされてしまう。


それでも、仲間と応援してくれる人たちとともに


立ち上がる勇気は、個人的には尊敬に値する。


あんまり使ったことないけど「アンチ?」


とにかく、否定的な言葉をただただ投げてくる者たち


気にしないとは言っても、アンチも一応アンチとして


彼らを後退、後悔させるような言葉を必死で考え、投下してくる。


気にしないとは言っても、おそらく目には飛び込んでくるだろう。


それでも、自分たちのやりたいことをやり続ける強さは素晴らしい。


コンテンツはさすがに年齢的に楽しめないけど


1人や2人との人間関係に悩んでると


このヒカルさんたちからすれば、ホント小さな問題で


分かってくれる人、応援してくれる人と


前に進めばいいだけじゃんと、小さな悩みにしてくれる。


応援したいね。













m7322 at 00:00|PermalinkComments(0)