2018年07月

2018年07月13日

陰口の天才になれ

今回は大好きな熱血講演家の鴨頭さんの動画から


まぁこのタイトルは盛り過ぎなんだけど、陰口にも2種類あって

1つは世間一般的に認知されている陰口のことね。
(私自身、これで昔ホント痛い目みたからな~~~~)
まぁ、人の会話は8割この類と言われているから怖いよね・・・

もう1つは、間接的に称賛、承認すること。
Aさんに対して「最近、Bさん頑張っているよね~」ってな感じ。
そして、Aさんが「〇〇さんがBさんのこと、最近頑張ってるって言ってたよ」という陰口の破壊力。
それを語っていたわけ。
文章でどこまであの語りの「熱」を表現できるかな。

鴨頭さんはマクドナルドで日本一の店長として何度も表彰され、スーパーバイザーになり、本部の人事にまで上り、その急上昇中にマクドナルドを退職し、独立して講演家になった方。




その鴨頭さんが、店長として数々の実績を残し、表彰され、いよいよ次はスーパーバイザーになってやるというとき、当時のスーパーバイザー間の異動があったそうだ。
次はスーパーバイザーになってやるというモチベーションのときにはそのときのスーパーバイザーが非常に大事らしい。
私もすごくこの理屈は理解できて、上が「できる人」でないと、その人の推薦力、影響力は当然低く、自分の良さにも気付いてもらえないかもというようなリスクが付きまとう。

鴨頭さんは学生のとき野球部で補欠でありながらキャプテンとして甲子園に出場した過去もある。
そのときの経験から声が小さい人は仕事ができないという変な固定概念があったという。
(その固定概念が払拭されたのがこのときの体験ではあるが)
そして、その新しいスーパーバイザーになって初めての店長会議で、そのスーパーバイザーの一言目に驚愕した。声が小さすぎて聞こえないのだ。

鴨頭さんは「終わった・・・」と感じた。

そして、そのスーパーバイザーが巡回で鴨頭さんの店舗にきたときに「〇〇店長の店には一度行ってみた方がいいよ。〇〇店長のクリーンに対する意識は本当にすごいから」と言われた。
それなら、見てやろうじゃないかということでその店舗に行った。

すると、本当にその店はすごくて一番驚いたのはテーブルの上を拭いたあと、なんとテーブルの裏まで拭いていたのだ。その店の店長が来て鴨頭さんに「どうしたの?」と聞くと、「いや、スーパーバイザーが〇〇店長のクリーンがすごいから一度見に行ったほうがいいと言われてね」と返す。

そのとき鴨頭さんは、その店長に「そういえば、この前スーパーバイザーが鴨頭店長の店、売上に対する意識が本当にすごいから一度見に行った方がいいよ!最近、鴨頭店長頑張ってるよ~と言ってたよ」と返されるのだ。

もうお分かりだと思うが、このスーパーバイザーは巡回する店、店長の良さをしっかり見て、それを他の店長に伝えるということ徹底していた、いわば陰口の天才だったのだ。
あとから気付いたらしいが、このスーパーバイザーこそ、トップの人だったらしい。担当するエリアの実績をすべてあげてきていたのだ。
とくに売上を爆発的に上げる秘策を持ち合わせているのでもなく、数字上げないと降格させるなどの独裁政治を敷いていたのでもない。
ただただ、店長の良さ、店舗の良さを他店舗、他店長に伝えて回っていただけ。

そして、鴨頭さんはその後すぐにスーパーバイザーになる。

う~ん、やっぱりあの「熱」表現しきれないな(笑)
詳しくはyoutubeで・・・



























m7322 at 00:32|PermalinkComments(0)

2018年07月12日

悪いあの人、かわいそうなわたし

これも、アドラー心理学を広めた「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」の一節



アドラーは原因論を一切認めないのは周知の事実。


それは「トラウマ」という甘えさえ認めない

「過去に縛られているのではなく、不幸に彩られた過去を自らが必要としている」


厳しい言い方をすれば、悲劇という安酒に酔い、不遇なる今の辛さを忘れようとしている



そこで、いま自分が何を話してるかを自覚することが大事。



この「幸せになる勇気」の登場人物である哲人にカウンセリングにくる人への対応が面白い


カウンセリングを受けに来たひとに必ず三角柱を見せるという。
その三角柱のこちら側を向いている2面には

「悪いあの人」
「かわいそうなわたし」

の文字が書いている。


カウンセリングにくるときだけではなく、人は友人に話すとき、家族に話すとき
このどちらか2つの話に終始するという


しかし、私たちが語り合うべきものはこの見えている2つにはない
一時のなぐさめにはなるが、本質的な解決にはならないのだ。


それでは、何を語り合えば本質の解決に向かうのか。
それは、今はまだ見えていない、もう1つの面に書いている。


それは


「これからどうするか」


この三角柱をカウンセリングを受けに来た人に見せ、さぁこれからどの面のことを話し合いますか?と聞くと、「これからどうするか」を自ら選び、考え始めるという。


すごくおもしろい展開で有効だとは思うけど、嫁との会話には使えなさそう・・・

「ねぇねぇ?」と話しかけてきて
私が「今から話すのは、悪いあの人?それともかわいそうなわたし?」
なんて言うと、機嫌が悪くなるのは明らか。


自分のマインドセットに使うといいんじゃないかな。
















m7322 at 21:06|PermalinkComments(0)

2018年07月07日

人が変われない本当の理由

アドラー心理学を広めた「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」の一節



われわれは自己を決定できる存在である。
新しい自分を選択できる存在である。
にもかかわらず、なかなか自分を変えられない。いったいなぜか。

それは変化することは「死そのもの」だから

自分を変えるとは「それまでの自分」に見切りをつけ、否定し、葬り去ることを意味する。
いくら現状に不満があるとはいえ、「死」を選ぶことができるのか。

だから人は変わろうとしないし、「このままでいい」んだと思いたい。
「このままでいい」材料を探しながら生きることになる。

その中で「今の自分」を積極的に肯定しようとするとき、その人の過去はどう彩られるのか。

答えは1つ。自分の過去に「いろいろあったけど、これで良かったのだ」と総括するようになる。

今を肯定するために、不幸だった「過去」をも肯定する。



たとえば、「あのとき厳しく叱ってくださって、どうもありがとうございました」と昔の指導者に述べる人はまさにこれ。



これが、アドラーの否定する原因論。いいことも悪いことも「原因」のせいにして目的を見失う。


昔、虐待にあったトラウマで我が子に手をあげる。
貧乏だから、幸せになれない。
など、これらの「我が子に手をあげる」「幸せになれない」今の自分を正当化するために原因が付随される思考回路の問題点。


アドラー心理学深すぎるよね・・・


でも、深く真理を突いている。















m7322 at 22:56|PermalinkComments(0)

2018年07月02日

ダイエットと筋トレ始めました

私、身長161センチという超おチビちゃんで、その割に体重が63キロもあった・・・


過去形なのは、今、筋トレとダイエットを並行してやっていて60キロまで落ちたからだ。

3週間前ぐらいにノロウィルスにかかり、2日間何も食べれなかったときがあって(1日は水も飲めない)、2キロ体重が落ちたときに、どうにかこの流れを使って、散々過去失敗してきたダイエットを今回はやってやるという決意のもと始めたことがきっかけ。


それまでは、まぁ食事なんて気にしなくて、ほぼ本能のままにお腹いっぱい好きなものを食べる。カロリーなんて意味もわからなくて過ごしていて、逆によく63キロ付近でとどまっていたなと思う。
健康診断も肥満の烙印が押され、もうほぼ崖っぷち。
5年ほど前にタバコを気持ちだけでやめた、その強さをもう一度信じてみた。


まず、食事だけど、まずポピュラーな炭水化物を控えること。
わかりやすいのが、ごはんやパンや麺。
もちろん、無理するといけないから、昼におにぎり一個と夜も少しなら他食べる。
そして、家での朝と夜の食事の前には嫁に作り置きしてもらっている、酢キャベツを必ず食べている。
もちろん、間食は100%ない。

運動、筋トレは
腹筋100回、スクワット100回と、他の運動をいろいろセットにして、ガチで通すと40分ぐらいかかるコースを毎日やっている。
最近は、YouTubeで最新のトレーニングがすぐにできて、コメントや再生数みれば信憑性も高いからホントにいい世の中だと思う。


それをもう2週間ぐらい続けているんだけど、なかなか60キロの壁が高くて、59になったと思ったら60に戻ってしまう。ただ今回は諦めたくないから、続けたい。
このダイエット、筋トレ記録もつけていき、有効なものあれば書いていこうと思う。

↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 21:59|PermalinkComments(0)