2018年08月

2018年08月31日

死ぬこと以外かすり傷 著 箕輪厚介 パート2

あまりにも良い言葉が多いから2回に分けての後半戦。

パート1はこちら↓

死ぬこと以外かすり傷を読んで パート1


1つめは

副業解禁が話題だが、休日に牛丼屋でバイトしては意味がない。
まずは本業で力をつけることが先。
これからは複数の仕事をこなすことが当たりまえになる。
その仕事で何を稼いでいるかを明確に言語化すべき。


長くなるから、だいぶ省略したがすべて「お金」を軸に考えると生きにくくなるようだ。
私で言っても、本業は100円ショップの統括店長だが、それ以外でも発信業と筋トレとインプット業
という、3つをも副業と考えてはいいのでは?と思える。
本業では「お金と経験」を稼いでいる。
筋トレでは「容姿と体力」を稼ぎ、発信業では「認知度とコミュニティ」を稼いでいる。
というか稼いでいくと決めている。発信業としたのは、執筆やブログ、SNSを包括するため。
目的は同じだ。最後のインプット業という初めて発した用語は読書やセミナーや動画、記事閲覧
なんてものを包括したかったからだ。
つまり、副業とは何も対価として「お金」が絶対ではなくて、自分でしっかりと言語化できるものを
持っていることができていれば、もうこれはポートフォリオじゃね?ってこと。
実はもうみんなも3つや4つ、仕事持ってるかも??


2つめ

これも好きだな~~~

人はスマホによって孤独になった。
スマホという小宇宙によって、人は自分が好きなモノしか見ないようになった。
その結果、好みや生き方が凄まじい勢いで細分化した。
スマホから顔を上げると、周りは自分とは違う住民ばかりだ。
テレビという画面の前に家族仲良く座っていた10年前のように学校や会社に行けば
昨夜のドラマの話題をみんなでするということはなくなった。
今では、同じ会社の隣の席の人でも、何が好きかどうかわからないというのが普通になった。



これはオンラインサロンなどのネット上のコミュニティの今後を語るところからの流れだが
今のリアルの姿だよね。私が考えるのは対人関係の多重化だと思ってて
人間の悩みはすべて対人関係にあるというアドラーの教えは間違いなく真理というのが前提で
それはお金でも健康でも、行き着くのは対人。分けられない。
ということであれば、その対人の数がリアルは現状維持で、ネット上で増殖していくわけ。
だから、今の生きてる人たちの「悩み」は必然的に増える可能性がある。

あれ?読み返すと何言ってるか良くわからないな(笑)
例えば、スマホなんてなかったときはせいぜい家族と近隣の人と学校の友達、会社の同僚
ぐらいがコミュニケーションの範囲でしょ?
今は、その身近なものはそのままで(リアルの世界ともいう)、ネットにおいてSNSを中心に
コミュニケーションの範囲が超拡大した。つまり「遠くの人と簡単に繋がれるようになった」という
現代社会の裏側に、対人関係の悩みが拡大したともいえるわけ。


そこに、課題の分離は絶対に必要になるから、その記事も貼っておこう(笑)
人間関係に振り回されている人はマジ読んで。

課題の分離とは??



3つめは


あいつならすぐに走り出してくれる。
そういう存在でないといけない。
「やりたい」と「やります」
「行きたい」と「行きます」
願望と行動の間には大きな溝がある。



これも大いに同意。良く言ってくれた感。
ちなみに私も自書で展開しているのが
仕事を頼む側と受け取る側の懸隔として
受け取る側は「できるかどうか」を重要視するが
頼む側は実はそれはどうでも良くて「やるかどうか」を重要視しているということ。
また、これは自分の内なる言葉としても大事な概念で
「やりたい」と思っている間はあまり行動力が伴わず
「やる」と決めた瞬間、行動に移りやすい。箕輪さんも書いてるけど。
これもすごく大事なことだよね。

あぁ~あと2つあるんだけど
この書評はこれで終わろう。


本を読み終えたのも今まで最速だけど
書評を書き終えた時間で考えても過去最速だと思う。

とても良い本だった!!!



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!
















m7322 at 22:04|PermalinkComments(0)

死ぬこと以外かすり傷 著 箕輪厚介 パート1

ひっさしぶりに一気に最後まで読んだ本。


40分ぐらいかな。読みやすい。楽しい。心躍る。動きたくなる。
ふと思い出したい言葉が溢れてる。

そんな本。

いつもどおり、折り目つけたとこ読み返していこう。

折り目多いな(笑)
2部に分ける!!!

1つめは
マスにヒットするコンテンツは、突き詰めると特定の誰か1人に刺さるもの。
30歳向けのビジネス書とかいうざっくりした万人向けの本は売れない。


これは、GLOBISで小泉進次郎さんも同じこと言ってた。
聴衆全員に刺さる講演、演説は全員に刺さらない講演をするのと同じ。
200人いる中で1人でも考え方、行動が変えれれば、私は今日ここに来て良かったと思える。
と。


私も本を書いてて、何度も同じミスをしてしまうのがまえがきでマクロ的に攻めてしまうこと。
たくさんの人に興味持ってもらいたいと思うからそうなるのだが、それは下手すると誰も
興味がないものにしてしまう怖さだよね。
最近連続で書いてた、100円ショップシリーズとかで攻めるのは、そういった観点では
タイトルとして良いのかななんて思う今日この頃(笑)


2つめは
ナンセンスと思ったことは相手が誰であろうと声を上げる。

これは会社に属しててという流れできたものだが、この後の言葉が好き。

「これって、ぶっちゃげ意味なくない」
「そのロジックはおかしいよね」
と言えず、沈黙した瞬間、敗北が始まる。社畜化への一本道を転がり落ちる。

これはまさにそうで、会議の場とかでよくある光景。
この声を上げるのはホントに勇気いることで、その障壁は「ならお前が考えてみろ」とか
のブーメラン系だよね。
でも、自社で言えば、その考案は本部の仕事であって、現場は小売の最前線で
お客様とのやり取りで売上あげるのが仕事なんでそのブーメランは返せそう。

私も一度、上司に声上げたことある。7,8年前かな。
ホントに意味のない会議で、ちょうど機会損失費用の計算を勉強してこともあり
帰宅してから、会議にかかった費用(店長30人の交通費、会場費、人件費)と
機会損失費用(もし店で働いていたら得られた利益、本部にいたら得られた利益など)を
足して、今日の会議はこの費用(たしか120万ぐらいだった気がする)の意味が
あったのでしょうか?と。
だいぶ、説得力あって同意は得られたけど、変えることはできなかったね。


3つめは
昔のように家族で同じテレビの前に座り、会社や学校で昨日の番組について話をすることは
なくなった。今の人はスマホという小宇宙の中で生きている。

この後の言葉も好き。

スマホは飼い主が見たいものしか差し出さない。
ゲームが好きな飼い主にはゲームを。
ゴシップ好きな飼い主にはゴシップを。
バカはますますバカになる。
スマホという世界中の情報を知ることのできるツールを持っていながら
「意識高い系」などと他人を揶揄し、知ることすら敬遠する愚かな者になってはいけない。


これもサイコーだし、絶対そう。
でも、意識しなきゃ難しいんだなこれが。

スマホはいろんな情報も知れるようになったり、本来繋がれなかった人とも繋がって
仕事なんてできたりするけど、その量の何十倍も受動的な娯楽なんてものは溢れていて
今のYouTuberの出現と活躍は、やはり大勢がそれに流されている証拠でもある。
おもしろく、ためになるコンテンツも中にはあるけど
炎上チックなことや、どうでもいいこと(辛いの食べてみたとか、毛を抜いてみたとか)
を発信して活躍しているYouTuberなんかもたくさんいて、需要と供給が成り立ってしまっている。
誘惑が多いとも言えるかな。
GLOBISのセミナー動画と警察に職質されてる動画が2タップで変えられる恐ろしさよ!

次の本で散々語ろうとは思ってることなんだけど、受動的娯楽の意識が大事。
ゼロは難しいとは思うんだけど、それに仕事終わりの時間が占拠されちゃうと
箕輪さんが言うようにバカ一直線。能動的なインプット、アウトプットでまずは
半分以上はしっかり埋めなければいけないんじゃないかな~って思う。


後半また後日!!


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!
















m7322 at 01:42|PermalinkComments(0)

2018年08月27日

2050年 衝撃の未来予想 著 苫米地英人

久しぶりの書評。

ちょっと前だが、上司に苫米地英人という人がすごいですよ!

と言われ、そんなに言うならと思い読んだもの。


ちょ~~~~と見た目が胡散臭いというか、気を許したら洗脳されそうな感じ(笑)


でもホントにすごい人で、本業は心理学者なのかな。
大学博士、CEO、中国の大学教授、公益法人代表、もう書ききれない・・・
この方の叔父が「放送」という言葉を作ったとか。


3つのポイントでまとめる。
ただ、これホントに難しくて2回読んだんだけど、理解できたの2割ぐらいかな

まずは良く言われている
超高齢化社会。

苫米地さんは90歳でも若造と言われる時代がくるという。
しかし、その時代は格差が広がり、金持ちは高層マンションに貧困層は地下に住んでいるという。
今では、年収300万は負け組で年収1000万は勝ち組かもしれないけど、その時代はどちらも同じ負け組になるというのだ。


次に世界情勢。

仮想通貨の浸透や、海外の行き来が県外の行き来レベルになることなどから、国境はあってもほぼない状態になる。そして、血を流すような戦争は少なくなるが、サイバー戦争が頻発し、日本はそれに相当遅れをとってしまっている現状。


最後に私たちはどうすればいいのか?

職業をお金を稼ぐ位置づけにせずにやりたいことをやること。
仕事は1つという固定概念を捨てろ、年収100万の仕事を3つやる時代がくる。
AIによって仕事がなくなることは避けられない。それは単純作業からなくなる。
人間は働かななくていい時代がくるなんてメディアの嘘に騙されるな。
AIの出現によって生まれる仕事をその分生まれる。
自分が好きなことをやれば、生産性も上がるし、インベーションも生まれる。
そうやって、自分に付加価値を付けていけ!



まぁ、冒頭で書いたとおり、内容が非常に難しいから、
この書評では物足りないのは否めない。
ポイントとしては目から鱗的なものはいくつもはないんだけど
その根拠だったり、文中で語られる、苫米地さんの経歴や実績なんかに驚かされる本だった。

ポイントには書かなかったけど、どれだけAIが浸透して私たちの仕事を奪っても
運転手付きの送迎とか白熱電球のライトとかの「付加価値の逆転現象」が起きるというのも面白い。
それは、今では数千円するLEDが何十円になり、白熱電球が何万円になるような市場。


よし、今から白熱電球を集めとこう!!



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!

















m7322 at 15:41|PermalinkComments(0)

2018年08月24日

最近お気に入りの心の整え方

今までたくさんの本を読んできて実行してきたんだけど


あまり、どれも有効じゃなくて・・・


中には心の中で〇〇を何回唱えるみたいなものもあったりして
洗脳されそうになったこともあった(笑)



人の悩みはすべて人間関係であると断言されるように
そこへの解決策はおのおのが持っていなければと思う。

私の最近のお気に入りは2つ。


1つは

誰の課題か考えること

2つめは

悩みは人工物、事実よりも認識が勝るという事実



この2つはセットで使うことがほとんどだな。


1つめはアドラー心理学で必ず出てくる思考習慣


これ考えればたいていは解決するね。
ストレスになる出来事も、相手の理解できない行動も。

この誰の課題か考えるというのは2つの側面があって

落ちてるゴミを捨てる~とか、お客様の対応する~とか、何かに反応する~とかの
こちらが動くべきなのか、見て見ぬふりをするのかの選択って日ごろの生活でも
仕事でも、ネット上のコミュニケーションでもいろいろあって
やっぱ人間、どうして自分だけ・・・とか、今回はスルーしよう・・・とか
あの人もやるべきではないのか・・・とか、あとでやろう・・・とか
の思考が働くよね。
そこで、自分に投げかける問いが

それは誰の課題か?ということ。
もっといえば、俺の課題じゃない???と確認すること。

自分の課題だと判断したときは責任もって処理しなければならないし
事後でも、自分の課題だったと思えば反省しなければならない。
そこに、どうして俺だけがとか、どうしてあの人はしないんだという思考の入る隙間はない。
自分の課題かどうか。それだけ。


もう1つの側面は

例えば、誰かにメールをしてその返事が来ないとか
そのメールの内容が不快な内容だとか
会話の中でも、酷いことを言われたとか、無視されたとか。
ネット上でも。

この本質って誰の課題??って考えるのよね。
すると、これらはすべて相手の課題になるわけ。こちらがどうこうしようもないし。
つまり、この件でに関して、ごちゃごちゃ考えたり、他人を責めたりするのは

相手の課題に踏み込むようなもの。

これはホント楽になるよ(笑)


そして、それでも悩んじゃったりするときは2つめの


悩みは人工物、事実よりも認識が勝るという事実


で保険かけとこう。


悩みは自分で作っているもの、それは真実に勝るということね。


炎の講演家、鴨頭さんの例えが分かりやすい。


鴨頭さんは兄弟がいて、兄はいわゆるエリート、自分は無能だと思っていた。
ただ、自分は父親には兄よりもずっと可愛がられてきたと思っていた。
それは、小さいときから怒られるのは兄ばかり、殴られる蹴られるなんて日常茶飯事。
自分は殴られた記憶もなく、常に優しい父親だったからだ。

父が亡くなって、50歳を過ぎ家族で集まって話していたときに、鴨頭さんは兄にこう言った。
「兄貴はホント大変だったね・・・小さいとき殴られてばかりで。俺は一度も殴られたことなんてなかったな~」と。すると、母親が不思議そうに鴨頭さんを見て
「あんた不思議な子ね。あんたもいっぱい殴られてたんよ・・・」と。
しかも、その会話が終わったときにわかった真実が・・・
どうやら、父親のお気に入りは兄の方だったらしい(笑)


この真実がわかったときに、鴨頭さんの記憶が塗り替えられるのか??
いや、真実よりも記憶、そのときの認識が勝るだろう。


つまり、悩みは人工物で自分が作っているもの
そして、それは真実に勝る。そしてその本質は誰の課題であるのか。


これは誰にも覆せない事実で、究極の真理。


これからのあなたの悩み。このフィルターを一度通してみてはどうだろう??



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






























m7322 at 21:28|PermalinkComments(0)

2018年08月21日

時間の流れは未来→現在→そして過去

この考え方はいつも持ち合わせていたい。


そもそも、一般的に時の流れというのは


過去→現在→未来


これに対しては何の疑いもなく、滞在的に私も含めて、みんな理解できてるんだけど
この時間の流れだと、過去に今の自分が影響を受けすぎてあまり良くないんだよね。

家族がいるから仕事が辞められないとか
学生のときしっかり勉強しなかったから給料低いとか

負の感情が芽生えた瞬間に、過去と結びつける癖とでもいえばいいのか?
偉そうに言ってるけど、私もその癖の持ち主。


ちなみに、アドラー心理学でもトラウマは否定しているから立場は
未来→現在→過去。
アドラー以外でも、私が尊敬する著者や講演家はみんなこの主張をしている。


ある人は本の中でこう説明していた。


会社の帰り道にサプリメントを買うためにドラッグストアに寄ったとしよう。
しかし、レジの前に行列ができていて、あなたはしばらくレジに並ぶことにした。
なかなか、レジが前に進まないから面倒になり、サプリメントを棚に戻して
「ついてないなぁ~」と、遠回りをして別のドラッグストアに行くことにした。
すると、その店ではさきほどの店よりも2割も安くなっていた。
あなたは「ラッキー」と思いながら帰宅することができた。


一軒目の「ついてないなぁ~」が「ラッキー」に変わった。
つまり、未来によって過去が変わったということ。


私たちの日ごろの些細な行動も実は未来から流れてきていると
私の大好きな鴨頭さんはセミナーで話していた。

歯を磨くときも、ごはんを食べるときも、読書をするときも
当たり前だけど、勝手に体が動くのではなく、ちょい先の未来をイメージして
体が動くということ。

その未来の長さが長いか短いだけの違いであって、未来が現在を決めている。
未来から現在に時間が流れているということに間違いない。


ということは????????


未来のイメージをしっかり持つ。
曖昧だな・・・

〇〇になりたい、〇〇したい、〇〇欲しい
そこから逆算して必要なもの、必要なことを着実に身につけていけばいいということ。


その中で過去と現在が邪魔をしてくるぞ!!
でも、そんな経験ないじゃん?とか
そんなする時間あるの?とか


その過去と現在をどれだけ遮断できるかが成功の秘訣ということになる。


先を見よう!!!



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!

























m7322 at 23:30|PermalinkComments(0)