2018年12月

2018年12月26日

四次元の人間関係とは


1つの店舗の1人の女性社員スタッフと笑いながら話しているときに
ふと思って上のツイートをした

「店長これ発注した~??」

「いや~、俺じゃないっすよ~~」

「え~、私こんなの発注しないけどなぁ~」

「え~じゃあ俺の記憶が狂ってるかもで~す」

「ワハハ!!おっけ~私出しておくね~~」

という会話があって、もうなんだかんだこの女性社員とは
意気投合して、お互い楽しみながら、仕事しているんだけど

ちなみに、会話見てわかると思うけど
店長である私が敬語で、立場的には下である女性社員スタッフがタメ口という不思議な構図。

実はこの女性社員。
15年以上働き、私が入社したときは日本一の女性店長という肩書がある人で
東証一部上場企業である自社の社長が個人的に連絡するほど一目置かれている
いえば、入社したての私にとっては雲の上の存在だった。

なんだかんだ、私もガムシャラに働いてきて、少しずつ認められてきて
7年ほど前、この女性社員スタッフが産休で休み、引っ越しをし
私も偶然、県外に異動になり、その2つがなんと重なり
5年ほど前から一緒に働くことになったのだ。

日本一の店長と言われているだけあって、それなり癖も強い
当時の上司からは
「〇〇さんと一緒にできるのは池田くんしかいない」なんて
のせられてしまったぐらいなんだけど、まぁ予想的中に
最初はまぁぶつかりまくった。

「店長!これ発注した!?」

「いや俺じゃないっすよ!!」

「・・・」(明らかに不満そうな表情でそっぽを向く)


発生源はまったく同じ場所や同じ事例なんだけど
明らかに、その後のコミュニケーションが違うわけ
他にも思い当たるコミュニケーションはたくさんある。


んで、まず自分で考えたのは
「求めないこと」が大きいのかなと。

ある程度、時間を共にし、相手のことがわかる
相手のこととは
判断基準とか思考癖とか性格とか
となると、大きくても小さくても何か「問題」が起きたときに
まぁ店長はこうするだろうなという事前の察知みたいなのがあって
それは、当初「強く求めていた結果」とは相反するものだと思った。

つまり
出会ってすぐは「求める→裏切られる」で
それが5年の歳月で「求めないor予想できる→裏切られない」



ただ、それを答えとすると

10年以上の夫婦間で
旦那の脱ぎっぱなしの靴下がホント許せないとか
よく目にするわけで

っとちなみに一番旦那の許せない行為が
「使ったコップをそのままにする」ってホントかな??

というような、相手のことがよくわかっている上での
不一致が証明できなかったわけ。


そこで、浜田さんが



四次元の中で相手との境界線が曖昧になるからでは?と
貴重な意見を下さった。


なるほど、これは根本的に考えているレベルが違うぞと
その理解を深めようとする中さらに




女性にメリークリスマスなんてもらうと、にやけるよね~~


じゃなく、理解の深掘りに苦しむ私を察知してか
さらにヒントをくれる。


もうほぼ答えが書いてあるけど(笑)



そう、最初に出会った私と女性社員は「完全な別個体」
それが5年という歳月で、四次元である2人の関係性が近づき
その境界線が曖昧になり、社員の人格が別個体だと認識できなくなる


今回の例で言うと
「それ発注したの俺じゃないすよ~」っていう発信が
5年前は完全に別個体から発信されていたけど
今は、どうやら自分の気持ちものっているような、自分も感じているような
ところから発信される感じ。
もちろん、そんなことは完全無意識だろうけど。

この人格ってのに意識をグぅ~~~と集中させるとぼんやり見えてくる感じがある。


で最後の疑問、10年以上の夫婦間の問題には



もうこれは整理するまで難解ではなく
ただただなるほどなぁ~と。


こういう考えを深めてくれる人
ホントにありがたいです!!


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!























m7322 at 00:26|PermalinkComments(0)

2018年12月18日

安宅和人さんって方知ってます??

グーグル先生いわく


ヤフー執行役員 事業戦略統括本部長

それ以外でも政治の委員会なんかもやっていて
本人いわく50個ほどの肩書があるとか・・・

こんな方がヤフーの執行役員とか
ヤフー最強じゃね??と素人が感じてみる。





これを見てファンになったんだけど
最初は落合氏のあまりの凄さに目立たなかった。
メルカリの社長もいるしね・・・
100回以上も聞いていると、ものすごくこの安宅さんが気になって
深掘りし、本やTEDのスピーチなんかもひと通り聞いてみた。

んで、ここで何が言いたいかというと
この安宅さんのある言葉がずっと頭から離れなくて
個人的に相当な核心ついていると思うのよ。

それは、この対談の後半の後半
まぁ見事に落合氏が会場の学生?たちをコテンパンにしちゃって
「俺たち生きていけるのかよ・・・」
「テクノロジーにどう対応すればいいんだよ・・・」
「日本どうなるんだよ・・・」とか
の空気が蔓延る中で、安宅さんが言った言葉。

もう見ずに書けるけど、一語一句は間違えるよ(笑)



「そんな心配しなくていいっすよ、みなさん!
使えるものしか出てこないし、使えるものしか広まんないです。
私たちが話していたのは、研究者たちの話をしているのであって
あなたたちは出てきたものを使い倒せばいいって話です。
これだけ車大国と言われている日本に生きてて、エンジン設計できる
人なんて100人いるかいないかですよ。
それでも、実際は車の乗り方なりを習って乗っている。
私たちは生きていけます!大丈夫です!!」



ホントに見ずに記憶だけで書いたけど
結構自信あるよ(笑)
心で覚えているから、ずっと忘れない。

こういうものをこれからもインプットしていきたいよね。


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!




















m7322 at 23:34|PermalinkComments(0)

2018年12月17日

実店舗の強みとは、ネット販売の弱さとは

先日、ボーナスでありました。



このツイートにあるようにボーナスぶら下げてドンキに行ったんだけど
目的は1つ。
サプリメントを買うこと。


結果からいうと、お会計はなんと2万円にもなり
レジで行列を発生させる事態に・・・


そう、嫁と2人して見事にドンキの獲物になったわけで
ただ。2人とも満足(笑)


ごちゃごちゃ書く前にネット販売でもし買っていたらどうなっていたか?
それはもちろん必要な1000円のサプリメント1つ。
アタマの良い、Amazonさんは「この商品を買った人はこれも購入しています」とか
もう1つ、もう1つとガンガン攻めてくるけど、なかなかそれに衝動的に反応する人はいない
やっぱ人間、これもどうですか???と受け身になると気が乗らないし
自ら欲しいと思えば、逆に不必要なものまで買ってしまう。


そこで、この違いはなんなのかと


とりあえず3つにまとめる


1つは私の専売特許
自書で何度も主張している「スマホの画面の大きさ」
スマホの1つの画面で見せられる最大アイテム数は9アイテムらしい。
それより、小さくすると何の商品かが画像で分からなくなるとのことだが
これには、みんな納得できると思う。
スクロールや、クリックすれば、もちろん「次の商品群」は見ることはできるが
1つのアクションを起こさせることが、現実難しいのかな??



2つめは
ネット販売。
え?と思うかもだけど、実店舗の購入においてネット販売の存在は大きい
実際、私もこれを購入したんだけど


これを購入するとき、そんなにバカ安い買い物でもないから
実際、ネットではいくらするんだ?ということと
使用者の評価はどんなものだ?という2点を
Amazonさんで確認する。実店舗にいるのにね。


Amazonもさすが直販では赤字と言われているだけかなり安いんだけど
かなりのバイイングパワーを持つドン・キホーテさんも価格では負けていない。
そこでやはり、送料の壁までは超えられず、すでに来店コストをクリアしている
我々においては、ドンキで買った方が安いわけ。
それにある程度の評価(レビュー)があれば、クロージング一直線って感じ。
Amazonさんが購入をアシストしてしまっている構図。


最後は実店舗のルート。

落合陽一氏がある対談?で
実店舗は今後、ネット販売が拡大するとなくなっていくのか?という質問に対して

「なくならないでしょ?博物館とか美術館も未だに残ってるでしょ?
あれと同じですよ。」
という展開をしていて

個人的に、鳥肌立って、もう一生忘れない言葉になっているんだけど

この感じに少しは似ていて
ネット販売は購入までのルートがあまりに合理化されていて
目的のものまで一瞬でたどり着いてしまう。
もちろん、これが強みでもあるんだけど。
店を出ることも「一瞬」でできてしまうわけ。
ホームボタン押せばいいだけだからね。

一方、実店舗は入口から出口までのルートがしっかりあって
よっぽどな目的買いでなければ、だいたい店舗が指定したルートを入口から出口まで
歩くことになる。
もちろん、それを滞在的に了承した上で消費者は来店してるよ。
ただでさえ、目に飛び込むアイテム数が9アイテムなわけがなく
90アイテム??ドンキのような、圧縮陳列が武器なレイアウトなら900アイテムも
あり得るかもしれない。

その莫大なアイテム数がゴールまでにずっと見せられること。
これは、ネット販売に不可能。今の段階では。

またアタマ良い人は、なんか思い付くんだろうけど・・・


この3つ、もちろん他に探せば出てくるけど
今強く思ったこととして、まとめさせてもらった。
ありゃ、1つめと3つめ似てね?
とかは酔っぱらってるからご愛嬌で・・・


ここを実店舗の運営者は意識して売場作りをしていこう!!!


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






















m7322 at 17:51|PermalinkComments(0)

2018年12月10日

アクションすることの少なさたるや

これもまぁよく言われることなんだけと


強~~く感じたのは、SNSの「いいね」や「コメント」の少なさ

例えば、スーパーインフルエンサーである有名人のTwitterなんて
見ていると、フォロワー100万人とかいても「いいね」は1000件ほど
「コメント」に関しては40件とか。

もちろん、内容によって大きく前後はするだろうけど
平均値とるとそんなもんじゃないかな~~と。


んで、悲しかな、私のTwitter見てみると
やっぱ悲しい・・・やめとこう・・・


SNSでのアクションといえば
大きいところだと、やっぱり「いいね」や「コメント」であって
それをしている人の少なさといったらすごいよね。


多くても2割、下手すれば1割とかじゃない??


話が超変わるけど、2年ぐらい前かな~~~
仮想通貨バブルのころ(笑)
私もビットコイン買って、その手の本とかも読み漁って
動画なんかも見まくっていたころ。

実家に帰省し、兄と兄の奥さんと話していたときに
ビットコインの本が見つかってね(笑)
「変なもんに手つけるんじゃない」とか散々言われて
そのとき、兄の奥さんが言った言葉が
「本に書いてある時点で、みんな知っていることだからね~~~
誰もがやってるはずだよ」と。


そのときは「なるほど~、確かに本を読んで自分だけ知った気になってたけど
これ全員、この本を見れば知ってることなんだろうな~~」とはすごく納得したんだけど

今その言葉が異様に引っかかっててね・・・
まぁこの仮想通貨のことはどうでもいいんだけど
この理屈が通用するなら、読書家は全員成功者なわけだよな?と
でも現実そうではないってことは、知っても、なるほどな~と思っても


行動しない人が多すぎるんだよ



なんだかんだいってアクション起こせるかどうかがすべてであって
言い過ぎでもないと思うけど、アクション起こせば2割になれるブルーオーシャン



ただ、これが難しいんだな・・・
だから、みんなできないんだから。
いつもの毎日、忙しいしね・・・



でも



こんな感じのツイートには
6000人以上の方々がコメントまでしてくれている??
あれ???忙しいんじゃないの???と。

ちきりんさんの強烈なワード

勝手に期待し、勝手に裏切られている人たち」がこんなにも・・・

この方たちをディスるのが目的ではなくて
この件を掘り返すわけでもないんだけど
Twitterでのアクションはそんなにハードル高くもないよねと

「いいね」なんて何秒もかからないし
何か感じるところあれば時間あるときにコメントすればいいし
いやそれは違うでしょ?とか、それには反対だ!!と思えば何もしなければいい。


Twitterで「いいね」をしましょう!!
ではなく、アクション取る人の少なさ


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!





















m7322 at 16:37|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

完璧な人間なんていない

ちょい、今さら何言ってんだ??と自分でも思うけど


あなたの周りにおいて、この理屈が実践できていない人多くない???
もちろん、自分自身も含めて。
でも、この理屈に異を唱える人はそうそういないはず。
そんなんわかってまんがな!!的な。



・・・矛盾


「実践できていない」とあたかも、すべてを悟っているように書いてしまった
けど、それはどういうときに証明されるかというと
他人の失敗や落ち度、不手際、詰めのあまさ、振舞いなどなど
他人の行為を許せなく感じたとき、憤りを覚えたり、総括して負の感情を抱いたとき


ていうのが、今日の話で

ある21歳ぐらいの女の子の学生アルバイトがいて。
まぁすごく頑張り屋さん!!
黙々と体動かして、そこらへんの口だけビジネスパーソンよりも生産性激高。
もう3年ぐらい一緒に働いてるかな。

んで、先週体調不良で休むことになったらしく、私がちょうどその日不在で
その店の代表者には当然連絡していたんだけど、私にはなかった。

一応、ルールとしてはどんだけ事後でもいいから
私には連絡して欲しいというのが本音としてあって、その事実を聞いたときは
一瞬だけ「負の感情」が生まれたんだけど、まぁとくにそれ以上でもなく終わった。

結果から言うと、一瞬でも、すぐ覚めるものでも
そういうものに「負の感情」を作り出したくない。

相手にそれをぶつけるなんてもってのほか。あり得ない。



そして、今日。

元旦のシフトを調整しようと、カレンダーを見たら
固定シフトである出勤者たちが全員休み希望出していて
これはヤバいぞと。

彼女にLINEしたら、なんと返事がきたか。
「元旦は人がいないと思ったので予定はいれてません。三が日もすべて出れますよ!」と
固定シフトでは休みにもかかわらず、一応は特別な元旦という日に来てくれる。

これは、私のことが好きでやってくれたんではなくて
お店のためにと思ってやってくれたのでもなくて

これが彼女の姿勢なんだと。彼女の良さなんだと。
これをとにかく認めてあげたいし、他のマイナス面よりも意識したい。



こんなわかりやすい事例に限らず、小さなことも拾い上げれば
私たちのコミュニケーションの中には、こんなことだらけでしょ??



一瞬でも負の感情を抱いてしまったときは

両手の人差し指をクロスして✖を作る。
それを、口の前まで持っていってこう言おう。

「キャンセル!!」


実はこれ鴨頭さんの必殺技(笑)

この方。





そういう人たちばかりになれば、その組織は失敗も恐れないから
チャレンジも多いし、すごく能動的。
コミュニケーションも円滑で、人間関係のトラブルなんてあるわけがない。

理想論だけど、不可能でもない。
ただし、人は変えられないから
はじめから、そういう人たちを集めるか
自分が変わって時間をかけ伝染させていくしかない。


せめてネットではそんな人たちと繋がっていきたいし。


↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!





















m7322 at 23:13|PermalinkComments(0)