2019年02月

2019年02月26日

バイトテロがなぜ起きるのか??

恐怖本能による過大認識注意



タイトルにある「バイトテロ



先日、大きく取り上げられ世間を賑わせました。



が、あれを氷山の一角として捉えるのはリスキーです。
つまり、ああいったことはほとんどのリアル店舗で起きているが、ただ表にでてないだけだという、恐怖本能を煽ったメディアの洗脳です。
全体の割合で考えると、0.1%もないですよね。
問題は0ではないことですが・・・
では、なぜその0.1%が生まれるのか。



ちなみに私の担当店舗では25人のスタッフがいますが、考えられないですね。
1人のスタッフに言ったら「ハチャメチャな店長が一番危ない気がします」という、お褒めの言葉ももらえたぐらいです。





この本を買って、さらにメディアを見る目が変わりましたよ。
この著者も言っていますが、メディア側もPV取らなければいけないので仕方ないのですが。



問題提起




すこし、余談になりましたが、このバイトテロはなぜ起きるのか?




結論からいうと、長時間労働です。



もちろん、他にも様々な要因あると思いますが、この1つにフォーカスします。



ちなみに、このタイトルを考えようと思ったことが先ではなく、何気ないいつものTwitterでの発信が、「これ1つの答えじゃね??」といま、深掘りしてるわけです。


それはこのツイートをしたときです。






140字でうまくまとめられたとは思っていますが、見る側の想像力に依存しすぎな感じもあるので、ここでそれを補えればと。



現場では、まだまだいるんですよね・・・



長く働いているオレすげぇ」的な昭和脳の生き残りが。
もう平成も終わるというのに。
「もうホント休み取れないですよ」とか「人がいない」とかの不幸自慢をめちゃしてきます。


そこには、成果や実績などがすべて除外されていて、ただただ毎日長く働いていることで、会社に大きく貢献していると錯覚しています。



その上司や会社もバカじゃないんで、その人を評価はできません。



さぁこのあとどうなるか!!??



第一形態


ただでさえ長く働ているのだから「非生産的な時間をちょっとは作ってもいいよね」と、自分を正当化して、サボります。
最初はサボっている感覚が残ってますが、それも鈍ってくると「できない人」になっちゃいます。
スマホ弄ったり、仲良い仕事仲間と長電話したりと行動にも表れてくるでしょう。
残念ながら自覚はないです。
人が言ってもダメです。
超絶、この考え方から自分に不幸が起こり、自分でこれに気付かなければ。



第二形態



不正に近づく「グレー」なことをやり出します。
それは、お店のためとか、職場のためとか、会社のためとかの性質は何も帯びてなくて、ただただ自分のためです。自分の利益のためです。
だって、自分の頑張りや貢献に見合った評価や給与が得られていないと勘違いしているんですよ。
これが、ツイートした「自分への変なご褒美」ということになります。
これは、逆に自覚症状が若干芽生えます。
ただ、自分の正当化に全力かけるので、この人にとって自分は正義で会社が悪です。



第三形態



このフェーズにいくと、もはや再起不可能。
グレーを飛び越えてブラックな不正に手を付けだします。
金銭不正、商品持ち出し、パワハラなど。
ここのフェーズの人が突然変異したものが「バイトテロ」
あのコンビニのオーナーがお客様にセクハラ的な行為をしたのもこのフェーズです。


第三形態はどのカテゴリーでも強いものです。


見ますかこの姿!!


IMG_4108


ダイの大冒険の大魔王バーンの第三形態です。



ただ、どのカテゴリーの第三形態も共通していえることは「必ず負ける」です。
最初は巨大な力で押しつぶしてきますが、必ず負ける。



ちょっとふざけましたが、長く働くことで評価を得ようとすることの結末はこういうことになります。
自分だけは」と思っていると危険ですよ。
ほぼ、これらは無意識の浸食なので防げません。



自分に正直生きることが重要です



もう1つ、書いておきたいことがありますが、今回はこのへんで。



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!



















m7322 at 00:04|PermalinkComments(0)

2019年02月22日

今日は残りの人生の初日 著者 大戸岬氏

これです!!











実は実は・・・待っていました!!と言わんばかりに待っていました(笑)



平田さんのストーカーである私は、リアルタイムで出版への進捗が入ってきます。
(誰がストーカーや!!)


ってのはちょっと冗談で。


そもそも、平田さんがTwitterで活躍しているインフルエンサーの方々に本の出版打診を最初に思い付かれた瞬間を目の当たりにしていたので、もはや他人事でもありません。
興味のアンテナ5本ビンビン状態。



なので、こんなツイートを日々インプットしているわけです。







そんな大好きな平田さんが大好きそうな大戸さん。
間違いなく私も好きだろうと、注目はしていました。
しかも、サッカーのプレーヤーだったというんじゃないですか!
良い印象しかありません。



ちなみに私の次の書籍タイトルは



「いま」のルールは野球からサッカーに変わっていた。
サッカーが教えてくれた7つのポイントで社会というピッチを駆け回れ!!



平田さんに(いつもどおり)迷惑かけながら、完成に近づいていっています(笑)




ただ、人見知りの私は、フォローすることも躊躇し、静観の道をひたすら歩いていたわけですがなんと
3日ほど前に大戸さんからフォローしていただき、秒でフォローをさせていただいたわけです。


もうこの一本取られる感じがまたなんともいえないのですが・・・






IMG_4087



それでは本題





中身はいわゆる格言集のようになっていて、非常に読みやすいです。
さらに、いままでの述べたような個人的好意付きなので、1つ1つがしっかり染み込んできます。
この中でも言及されていますが、「何をいうのか」よりも、なんかんだ「誰がいうのか」というところが重要で、この大戸さんの言葉なので説得力があるのでしょう。



一方で、こんなことを考える人もいると思うのです
よく見る内容じゃないか」とか?「根性論じゃないか」とか?
この本に限らず、自己啓発全般にいえることですが、そんなことをいう人に言ってみたいんですよね。



お前、できてんのか??」と。



決めつけはダメですよ!

ただ、こんなこと言うやつらは絶対できていない!!!


私の書籍のレビューでもありましたよ。
それで解決できれば苦労はしない」的なご意見が。
(うぎゃ~~悔やちぃ!!)



やっぱり人間、マインドという土台がないと、その上にどんだけスキル担いでも潰れるのがオチだと思ってて、そのマインドセットが人生の大きな戦略の1つだと思うのです。


マインドセットってロウソクみたいなもので、火をつけた直後は赤々と燃えるんですが、結局はその長さも短くなっていって、火も弱くなり、最後は消え、ロウが固まった状態になります。
そこに、もう一回火をつけることもできないんですよね。


もう一度、新しいロウソクを立てて、火を付けないといけません。
やっぱり、すごい人ってのは存在していて、直径2メートルで長さ10メートルのロウソクなんぞ持っている人いるんですよね・・・
ただ、多くは一般的なロウソクですよ。



私なんて、ケーキのロウソク並み・・・
(誰がひと吹きで消えるや!!)




そう考えたときに、この大戸さんの書籍は100通りの思考術で、とても簡潔にまとめててくれます。
ほぼマインドセットのすべてを網羅していると思います。


これらの100個全部が読者に響き、全部が読者の人生変えるとは思わないですが、1つもないということは絶対にないですね。むしろ、1つでも大事にできれば大きく変えていけると思っています。



驚いたことに、この大戸さん・・・なんと23歳・・・
正直、私と同じぐらい(30代前半)かと思っていました。



なんだかんだ、この勘違いが大戸さんの経験値の高さなのではと、今では腑に落ちています。




個人的に大事にしたいなと思ってスクショしたページはこれです


IMG_4084



補足するとするならば、他人は鏡なんですよね

睨みつければ、睨み返してくるし
感情的になれば、相手も感情的になる
嫌いなら、嫌いになるし
苦手なら、相手も苦手


これってクソ重要で、笑顔になれば相手も笑顔になるんですよ。マジで。



これわかっていない人って多すぎません??

相手の行為や感情にだけ不平不満いって・・・


ただね・・・
期待はまた違いますよ・・・


笑顔になれば、笑顔になるべきでしょ??


とかは違う。


そこは分けて考えないと、不幸なストレス抱えちゃう。



あえて、ここでも言うと


フォローしたら、フォロー返すべきでしょ?も違和感。
フォロー返し100%や、相互フォローを掲げていれば別だけど
フォローしたい人は自分で決めたくないですか??


でも、Twitterの世界で
それっぽいこと言っている人たち」はよくこれをしている。
フォローして、こちらがフォローしないとすぐフォロー外す人。
あるアプリ使えば誰かわかるんだけど、見ると結構、それっぽいこと言っちゃってる・・・






もう、それの感じが嫌で、プロフィールのところに
フォロバ絶対ではありません!と書くまでに・・・



最後は余談になり過ぎましたが、とてもよい本でした。
一回読んで終わりとかじゃないですね。
これを使って日々消えかかるロウソクに火をつけましょう!!



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!



















m7322 at 19:26|PermalinkComments(0)

みなさん!「準備」してますか??

西日本サミット





私の会社で「第一回西日本サミット」と銘打ったイベントが開催されました。



そもそも、現場にいる店長たちの中で実績を出している店長こそが、一番良い情報を持っているのでは?ということで、西日本で200名ほどいる店長の中で、5人選出され、福岡で議論をし、何か施策を決めようという、そんな目的のものです。


心意気はこんな感じでした!





今回も結果から言いましょうか。



すべて私の意見が採用されました!!







心意気の中身



もちろん、私のアタマの中には溢れんばかりの「ネタ」が詰まってますよ。
ただ、相手は200分の4人である、いえば有能な人たち。
こりゃあ、その「ネタ」をしっかり見える化して、本気で挑んでやろうと思ったわけです。
でなければ、失礼だし、目立つこともできない。
交通費や機会損失考えると、私の今日の1日に会社は3万円ぐらいの投資もしているのです。
それに追いつけるぐらいの価値を作らなきゃいかんでしょ!!と。


前日の休みの日に、事前に与えられていた2つのテーマを睨み、考え尽くしました。



ちなみにテーマは




BRに在庫を持たず、売場在庫を増やす方法と客単価向上メソッドでした。




前者に関しては、売場在庫とBR在庫を数値化して洗い出し、いくつかのモデル店舗から、その割合を抽出して、「適正」を決める。
その「適正」を全店に採用するという案でした。
だいぶ簡潔に言っていますが(笑)



後者は簡単なので割愛します。




他の店長と何が違うのか




私の案が両方採用されたのですが
ツイートしているとおり、オレすげぇとは喜びきれなかったんですよね・・・




そう、このツイートのとおりなのですが
みなさん、インプットしにきているのですよ。
真っ白なノートを広げて何しにきたんだと。


私は完全アウトプットしにきています。
それは「なぜ呼ばれているのか」を考えているからです。



そもそもこの「西日本サミット」という目的は与えられた課題を200店舗のお店でどう採用していくかというところが一番なのです。


この議論中、司会役の上司が
「何か考えることはありますか?」的な質問をしたときに、まぁこの質問自体が抽象的ではあったので、みんな下を向いていたのですが、私は迷わず。


今日の議論で、必ず何かを決定するべきだと思います」と
意思決定する重要性を強く伝えました。
質問の答えになっていないとは思いましたが、どうしても伝えたかった。


まわりの店長の「ポカーン」とした顔が、今でも思い出されますが、たぶん熱すぎて引いたのでしょう。



ただ、私はこの「熱」で参加していた。


そう心意気は何よりも重要です。
それを持って準備する。


そして、心意気と準備したものを武器に戦う


完全に敵だった、バランを改心させたのも心意気です。


f3d678c5b5213b32aed3bedcf8ad0e8e



重要なのでもう一度言います。




心意気と準備



広く捉え、あなたの形に変え、ぜひ意識してみて下さい!!




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!



























m7322 at 00:43|PermalinkComments(0)

2019年02月15日

マジでうぬぼれるな!!

私が超絶意識している「297個の意識」の中の1つにこんな言葉があります。


お前1人の力と思うなよ」と。



もちろん、何事もです。



やっぱり私も人間。無意識に任せているとロクな考えしませんよ。マジで。




ということで、こんなツイートをしました。






私は3店舗の統括店長なので、毎日の売上や利益など、日ごろの成果が数字として見えるので、それが良いと「やっぱオレすげぇ・・・」って一瞬なります。
そこを意識者のもう1人が「バッカヤロ~~~!!うぬぼれんじゃねぇ~~」とハリセンをかましてきます。


売上とか、利益とかの数字だけじゃありません。
1店舗1店舗で考えると、朝一の開店スタッフは8時30分に毎日出てきてくれて、夜の閉店スタッフは21時までしっかりやってくれて、ちょっとやそっとの体調不良では踏ん張ってきてくれます。
朝のスタッフは主婦が多く、家事や育児もあるのに。
夜のスタッフは学生が多く、学校が終わって、18時ぐらいから出勤します。


誰か1人でも「今日めんどくさっ!」と思えば、かなりまずいことになります。
悟りを開くまでもなく、来てくれていることへの感謝はそんな難しいものでもありません。




もう1つ考えることは、スタッフの数です。
2人以上のスタッフを抱えた時点で、私個人はどんだけ頑張っても、力あっても数で負けちゃうんですよね。
私は14人の店舗と、11人の店舗と、10人の店舗の店長ですが、成果が1つ出たときに私1人とその他スタッフが成果に与えた影響力を考えると負けちゃいます。



こんな理論を考えていくと、うぬぼれることはなかなかできません。



よくスポーツ選手やアーティストの方が、なにか偉業を達成したときに、必ずこう言いませんか?



応援してくれたファンのみなさま、そして、支えてくれた関係者のみなさまに感謝しています」と。



これは決して謙遜でもなく、本当にこうだし、本当にこう考えているから、この人はまた成果を出すことができる。
単純な理屈ではあると思うのです。



今回は短めにいきました。



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!



















m7322 at 00:28|PermalinkComments(0)

2019年02月13日

4歳の私は勝ち組だった??

閏年は武器になる




先日、異動してきたばかりの女性社員が話しかけてきました。



「店長って、誕生日はいつですか??」と。



異動してくる前に34歳の同じ歳であることはお互い知っていたので、漠然と誕生日がどちらか早いか気になったのでしょう。



「誕生日は今月ですね~~~」と。一度焦らします(笑)
そして、私が「〇〇さんはいつですか?35歳になりました??」と。


さすがに女性なので「もう12月にきてしまいました・・・」
と微笑みながらもちょっと残念そう。


そこで、とうとう必殺技を出します!!
俺、実は閏年なんですよ~~」と。
最初これ聞いた人はだいたい驚いてくれるのでホント助かります。


すると「えぇぇぇぇぇ、初めて閏年の人に会いました!!」と。
これはこれは想像以上に驚いてくれまして。
「あれって、誕生日変えられるって聞いたことあるんですけど本当ですか?」
「誕生日っていつするんですか?」
「プレゼントとかもらえるんですよね?」
とか、ちょっと私のこと好きなんでしょう。きっと。
それぐらいのインタビュー感でした。


まぁそんなことがあったので、このツイートをしました。






ヤバッ・・・
絶対役に立つとか書いてるし・・・


ここでまとめたいと思ったのは、子どものころのコンプレックスが、大人になってどう武器になるのかという深掘りです。




子どものころの閏年






子どものころの閏年はホントに辛かったです。
池田って3歳なのに小学校卒業していいのかよ」とか
誕生日こないとか本当かわいそう」とか
こいつまだ3歳なんだよ」と自己紹介されるのとか


とくに3歳という記憶が強烈なので、12歳から16歳。
小学校6年から中学1年がピークだったかもしれません。
とくに3番目の「こいつまだ3歳なんだよ」と中1のころ、私をレアキャラみたいに紹介するヤツがいたんですよ。
名前も覚えています。「うきべ」という珍しい苗字でした。



子どものころのレアキャラは攻撃対象なのです。



私の誕生





実は子どものころ、私の誕生日について一度だけ母が話してくれたことがあります。


私が産まれる予定日は3月3日だったらしいのです。
なのに、まさか29日にはないよねと父と話していたら、なんと陣痛が。
そのままこの世に出てきてしまったわけですが、やはり病院の方が言うそうです。


「誕生日が閏年になると、なにかと不便があるかもしれません」
3月1日に変えることもできますが、どうされますか?」と。


母は29日に生まれてきたことには絶対何かあると。
そして、病院の方もめったにないことだからと後押しをしてくれたようです。


誕生日もまったく問題なかったですよ!
他の子どもたち同様に、28日に誕生日をしてくれたしプレゼントもくれた。
むしろ、29日があった年の誕生日はすごい。
忘れもしません。小学6年生の誕生日会。
超狭い家でしたが、8人ぐらいは来てくれたので、きっつきつ。
ごちそうとケーキをみんなで食べて、小学校に行ってサッカーをしました。



今では、家族全員でカウントダウンをしてくれますよ。
「3.2.1・・・・あれぇ~~~29日がこな~~~い」と。
毎年オチはわかるも笑えます。
「お父さんの誕生日は0.何秒の世界だからね」とか。
今年も弄りがいろいろあるでしょう(笑)




実は名前もなんですよ・・・
ったく、なにも2つもの困難付与しなくても・・・と思ったこともありましたが、これもまた武器。


この名前に関しては、感動エピソードはないですね・・・
単純に母が神田正輝が好きで、どうにかそれに近づけたかったのかという自己都合・・・


だから、年配の女性とかの初対面には何度か使ったことありますよ。
神田正輝の一文字違いですよ!」って。
40代以上の方にしか使えませんが。



この名前や誕生日に限らず、外見やクセ、考え方、おそらくすべて。
学校教育の中でいじめとまでならなくても、「弄り」の対象は



人とは違うこと」なんですよ。


レアキャラ」ともいえます。



いまでもこの風潮はあると思いますが、20年30年前の方が、排除という行為は多かったはずです。
スマホとかなかったから、排除する行為が乏しかっただけで。



その弄りや、強いてはいじめを回避するために、子どものころに無意識で全員丸くなっていきます。
そのひとたちが社会人になれば・・・
もうお分かりですよね。レアキャラ無敵です!!




ポップを疑ったことへの懺悔として、命を懸ける決意をしたクロコダインぐらいに。

2-768x622



どうでしょう?
世間に影響与えている人物や歴史の偉人たちなど、なんだかんだ困難だったことが多いような気がします。
ハードゲームをクリアしてきた者はやはり経験値が違い、レベルも違う。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!

























m7322 at 01:52|PermalinkComments(0)