2019年03月

2019年03月29日

スマホのなかに住む魔物

スマホのなかに住む悪魔






ずっと前ですがこんなツイートしました。






なぜこんなことをしているのかというと、スマホのゲームが問題なのです。



子どものころからゲームばかりをして育った私は、大人になってもこのスマホのゲームにかなりの時間とお金をむしばまれてきました。
当然、学生などにくらべ時間がありません
仕事しながら、筋トレもして、本も書いて、勉強もして、子どもたちとも遊んで。
なんてしていると、当たり前の話ではありますが。




昔のゲームといまのゲーム





ゲームの開発チームはそのギャップをうめるために「課金」というシステムを提案してくれます。
ありがたいですよね!!
時間がなくても、課金すれば、人より優位にゲームを進められる。
しかも、大人は学生よりも経済的に余裕がある。
こうやって、大人たちを絶妙なコンテンツとシステムでゲームの世界に誘い込みます
そして、時間とお金を吸い取っていく。




しかも、昨今のスマホゲームには終わりがない。
昔の家庭用ゲーム。ドラクエやファイナルファンタジーなどはラスボスってのがいてそれを倒せば基本的には終了です。いても裏ボスまで。
50時間程度かければ、どんなに下手な人でもクリアすることができ、そのゲームから離れることができる。
子どもころはまだいいですよ。
それが、まわりとのコミュニケーションの主軸になるわけですから。
ドラクエなんてやったことがないというと、おおげさですが友だちは作りずらかった。
しかも、なんだかんだ、RPGの攻略は意思決定や論理思考の練習にもなっていると個人的には思います。


しかし、スマホゲームはまったく違う。
「アップデート」を武器に次々と更新していき、容易に離れることを許さない
本人が飽きればゲーム終了なのですが、それは単にゲームが変わるだけで、スマホゲームという大きな枠組みの中では解放されることがありません。
そして、何も残るものがない。




悪魔とどう向き合うのか





先日、図書館で「スマホゲーム依存症」という本を読みました。
ここで深くは語りませんが、目を疑いたくなるデータばかりでした。


記憶からすぐとりだせる数字だと、大人の30%がスマホゲームをしているというデータ。
もちろん、その中でヘビーユーザーとライトユーザーの内訳がありますが。


やばいですよね・・・
スマホという超身近なツールに、簡単にダウンロードできて、ちょっとの隙間時間にできて・・・
など考えると決して驚かない数字でもありますが。


私も2年ほど前から、ほとんどしなくなりましたが、まったくしなくなったわけでもない。
とうとう、2ヵ月ほど前にすべてのゲームアプリをアンインストールし、もうゲームはインストールしないと自分自身で「大きな決意」をします。


私の「大きな決意」というのは生半可なものではありません。
自分でいうのもアレですが、この「大きな決意」だけで20年ほど吸っていたタバコを6年ほど前にやめることができています。
人が道具に頼りながらも、禁煙を挫折していく中で、気持ちだけでやめることができた実績を私は「大きな決意」として持ち合わせています。


それを使って、2ヵ月ほど前に一切のスマホゲームをやめたのです。



もちろん、スマホゲームだけではありません。
スマホのなかに住む悪魔はほかにもいます。



これはみなさんの胸に手を当てて考えるとわかること。



それらに時間やお金を奪われることがないように、私のスマホの立ち上がり画面はこういうのです。



お前がいまやっていること、いまからやることは、明日のお前が喜ぶことか?」と。




この魔物たちに目を付けられなければ、スマホは絶対に武器になる。


私でいうと、まんがびとさんの1000冊以上の本が読み放題だし、電子書籍も20冊は入っている。
YouTubeでは、いろんなセミナー、講演が聞けて、NewsPicksでは最新のテクノロジーや出来事に触れることができ。Twitterでは多くのフリーランスの方たちの活動を身近に感じることができ、ブックマークしているサイトでは小売流通の最新ニュースも見れる。


それに、仕事しながら、筋トレしながら、本書きながら、本読みながらですよ。
ゲームをする時間なんてないはず。


ある講演での一節が記憶に残ってます。
それは時間をどうつくるのかという話で、話し手が人に平等にある24時間を一杯のバケツに例えていて異様に共感しました。


そもそも、すべての人が「時間が余っている」ことはないという大前提があります。
毎日1時間瞑想していますとか。
毎日3時間ゲームしていますとか。
も含めて、すべての人が自身にとって1分1秒必要な時間なわけです。
もちろん、無意識の世界です。
「その時間なにもしていない」という時間がそもそもない。


そう考えると、すべての人はバケツに水が溢れている状態なんですよね。
そのバケツに水を注いでも、当然溢れ出ちゃうわけで、新たに何か始めたいとか、何かを得たいとか、目標を叶えたいとか。
私はなにをしても続かないというところの1つがここ
つまり、新たな「水」を入れたければ、いまある「水」を捨てなきゃいけないのです。


それはつまり。


いまやっている何か」をやめることなのです。


はじめることに目が行きがちですが
やめることを意識することこそが意外と重要かもしれないという話でした。






↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!

















m7322 at 23:49|PermalinkComments(0)

書評 あの人はなぜ、ささいなことで怒りだすのか?

図書館とは??



なんと先日、大人になってはじめて「図書館」というものに行きました。
学生のときは、かなり行ってましたけど。





文章力のなさよ・・・



本を書いている身で、さらに読むことも大好きで、なぜこのパワースポットをいままで訪れなかったのか・・・
後悔と希望の狭間です。


みなさん知ってましたか??
図書館の本は無料で持って帰っていいんですよ!!
返すことが前提ですが。


しかも、この図書館の雰囲気。
静かさはもちろん、勤勉者の巣窟みたいな。
実際、集中力がハンパなく、30分で一冊読みましたね。



と周知の図書館の説明はここまでにして




久しぶりの書評







読んだ本はこれ!

IMG_4334



やばくないですか?
このタイトル・・・



ちなみに私はいま、人間関係に悩むビジネスパーソンへの救いとしたい本を書いています。
その中で、やっぱりこの「怒る人」というのは少なからず、関係してくるんですよね。



個人的にかなりの良本で、よくこれだけ大量の本の中で当たりを引いたなと。


さらに、大事にしたい言葉が3つほどあって、これはTwitterでつぶやいています。












ここでは
怒り出す人」の特徴をまとめていきますね。



「こうあるべき」という無意識の思考習慣
運転のとき習いましたよね?「かもしれない運転」と「だろう運転」
「飛び出してくるかもしれない」と
「飛び出してこないだろう」の意識の違いです。
健全者は前者であります。



相互性の欠如(他人に関心がない)
著者はこの「すぐに怒りだす人」のことを「神経症者」と言っています。
そして、この神経症者が唯一関係性を抱けるのは「共犯者」になることだと。
これはなにも銀行強盗などの犯罪ではなく、もっと広義での「共犯者」



偽りの人間関係を作る
基本、自分のことを知らない。
カッコイイ車をみたときに、現実の自分を知る者は単純に買わない選択をするが、神経症者は「自分が運転できないのはおかしい」と他者を責めるという。
「家族が一番」という家族一点張りも危ないと著者は言っています。



パラダイムシフトができない
ここは本中で紹介されている例えを引用した方がわかりやすい。
実際あった話らしいですが。

地下鉄で子どもがはしゃいでいる。
この時点で怒るのはまだ健全者。
親に注意すると、「今さっき、母親が死んでしまってどうもならない」と。
引用であるから、補足すると
おそらく、父親が子どもを連れていて、その子どもが泣きじゃくっていたのだろうと。
その泣きじゃくっていたのは母親を失ったからだという事実を知ったときに
怒りが収まるのが健全者。
子どもの立場にたった事実で、著者はこれをパラダイムシフトと言っていました。
多面的な視野で世界を見れるかどうかだと。


私、怒ることなどめったにないのですが、運転中がダメなんですよね・・・
運転中に人が変わるとは、よく言いますが・・・
結局はこれも、最後の「パラダイムシフト」ができていない証拠。
私もまだまだです・・・



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 01:20|PermalinkComments(0)

2019年03月19日

子どもの思考と行動

ある動画視聴の中で




キンコン西野さんのマーケティングを聞いていると、「子どもはそんなにバカじゃない」という問題提起がありました。



絵本を発売するときに一番多い声が「子どもにも理解できますか?」というものらしいのです。


西野さんは言います。



「そんなに子どもは理解しないものなのか」と
「大人が思っているほど、なにも考えていないのか」と。



なるほどなと。

かなり腑に落ちたので、考え、そこからこのツイートをしました。










私の考え




このツイートですべて語っちゃったのですが、子どもは私たち大人が考えているよりも空気を読んでいるし、親のことを考えている




実際に、和菓子を私に分けてくれたときには、この考えに至っていて、次女にそのまま指摘しました。
いま考えると、騙されたふりをして食べれば良かったのですが・・・
精神年齢14歳の私は言っちゃいます。


「和菓子が好きなお父さんにあげると言ってもいらないというから、そうやってお腹いっぱいっていうんでしょ?やさしいね、めいは」


すると、恥ずかしそうに嫁の後ろに隠れたんです。




ちなみに次女は「めい」といいます。




1日1000人のお客様が来店する店舗を3つも統括していると、いろいろなお客様、強いては、いろいろな家族を目にします。


ずっと前にツイートしたので、検索が困難で引用しませんが、落ち着いている子どもの親は基本落ち着いています
統計的には99.9%といって間違いないです。


一方、怒鳴り散らしている親の子どもは店内を走り回っています



これって今回の話にまったく関係ないわけではないと思っていて。


子どもを対等に見ているから、子どもも親を対等に見ているのではと思うのです。
「対等」だと語弊がありますかね?
「一人の人間として」のほうが良いのかもしれません
逆にいつも怒鳴っている親は絶対に子どもを対等だと見れていないし、それは子どもも同様です。
私は「怒られるもの」なんだと滞在的にあるから、リミッターがない状態。




なんかそんな気がしました。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 00:18|PermalinkComments(0)

2019年03月16日

はじめての陳列出張

陳列出張のはじめ





あるとき、上司から連絡がきました。




兵庫の店舗でリニューアルがあって、陳列の人手が足らないので池田さんの力を貸して下さい」と。




秒でオッケーしました。
なんだかなんだ、私の陳列術が県外に飛び出す初出陣です!



意気込みはこんな感じ。






私だけでなく、九州から他の店長も5人呼ばれているらしい。
完全にライバルですね。




結果からいうと、私の陳列術が火を噴きました!!
そして、私の陳列術が認められ、4月に徳島に呼ばれました(笑)



その応援先の店長やアルバイトの方たちが私が陳列した売場を写真に撮ってるじゃないですか!



これ・・・陳列されましたよね???



応援先の女性の店長から最初に話しかけられました。



「どうして、こんな綺麗な陳列ができるんですか?私・・・陳列を教えてもらったことがなくて、今度から師匠と呼ばせてもらっていいですか?」と。



夢みたいな言葉を頂戴しましたが、ホントにこう言われたんです。



細かい話もしましたが、今後いろいろ教えて下さいと連絡を取り合うことにしました。



一方、私もいろいろな気付きがありました。


なんだかんだ、「池田さんの陳列はすごい」といろんな人から言われていたのですが、私は私の店舗、強いては九州の店舗ぐらいしか見てこなかったので、他店舗のレベル認識がなかったのです。



実際、リニューアルの応援ではあったのですが、もし私がそこの店長をすれば、日販10万は上げられる伸びしろと確信がありました。



すごくまじめで貪欲な良い店長だったので、言い方を気を付けないといけないのですが、私の「普通」が普通ではないという上司の言葉がやっと私の目で確認できたわけです。



これをきっかけに私は自分でこの陳列術を再現するのではなく、その応援した先での店長やアルバイトが再現可能なように、教えないといけない。



そんな課題も持って帰りました。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!



















m7322 at 00:38|PermalinkComments(0)

2019年03月10日

「機会損失」考えてますか???

機会損失





グーグル先生いわく



ある意思決定をしないことで利益を得る機会を失い、それにより生じた損失



とありますが。



そんな難しいこと言わないで~という感じじゃないですか??

もちろんこれが答えではあるっぽいのですが、私が考える機会損失はもっと広義で捉えていて、上の意味でも使用するのですが、もう1つ。


私が生みださなければならない最低価値と考えていて



それを大きく下回ったときに
私は機会損失と意識しております。






考え方




私の1日の労働には会社が給与というかたちでお金を支払っています。
会社員なので月給なのですが、これを月給と捉えていると危険なんですよね。
自分の生み出す価値と報酬が抽象的過ぎるから。


私は基本日給で考えます。


すると、1日1万5千円ぐらいになります。
つまり、1日に1万5千円以上の価値を生まなければ、昔よく言った「給料泥棒」というやつです。


私はさらに時給でもよく意識しています。
1時間2千円ほどです。


これ意識するだけで生産性上がるのでオススメです。
1時間のあいだ、何も生み出さないとかあり得ないし、そんな時間が5分も経てば鳥肌立つレベルです。



一方、Twitterにおいて、私のまわりにいてくれている方たちはフリーランスの方が多く、その労働というあまい世界に生きていないので、それだけでもう尊敬しかないわけです。







このツイートがすべてですが、会社員はあまいですよ・・・



だからこそ、そこに浸っている人が8割。
自分は忙しいと銘打って。


エリートであればあるほど、その自分の忙しさや頑張りを理論武装できるので危ないと私は考えています。




自分に嘘つかず働けば、成果は出せるから!!



俺は空白の時間を過ごすなら、半日有休で帰って勉強します。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 11:59|PermalinkComments(0)