2019年04月

2019年04月27日

デジタル1年生

嘘ような本当の話



まずはこのツイートから






この日、ある企業の「総会」とやらに参加しました。


いち店長である私なんかが参加するものではなく、通常は社長やオーナーやらの「お偉いさん」が参加し、役員の決定などを行う場です。



どうなんですかね・・・



こんなことをしているのなら、店頭に立って売り込みしたほうが、販促考えたほうが、生産的だとおもうのですが、定例行事はもう疑いの余地なく遂行するこの感じ。
コミュニケーションとしては有効かもしれませんが。




まぁ、「総会」の意義はここでは語らず、その中の驚愕の一コマを紹介します。




いつもながらツイートがすべてなのですが




全体の今期の方針が大きく3つありまして、その1つが




デジタルシフト」でした。



いままで、新聞の折り込みでチラシを打ってきたが、費用対効果がそろそろ厳しいと。
ほとんどのお客様はスマホで情報を取得していると。


みなさんも必ず行ったことがある、超ミラクル大企業の1つの方針ですよ。
やっとデジタル1年生かと・・・



ただ、全く準備してこなかったわけじゃありません。
そこは「大人の1年生
(エロい1年生みたいですが・・・)



いままで1年にわたり、LINE@の友だち登録を企画したイベントやインセンティブを設け、お客様に呼びかけていたわけです。




その友だちになってくれたお客様はなんと1300人




まぁ館全体の集客を考えると、すごい数字です。



ただ、そのあとに公表した、友だち登録をしてくれたあとにブロックしている人数が
なんと400人・・・


私なら、心折れてアカウント消すレベル。




まだ、驚愕の事実は続きます




その900人の「生きているユーザー」の中で閲覧してくれているのはなんと30人前後。
いいねやコメントなどのリアクションじゃないですからね。
PVという完全に見てくれている数。


だいぶなお偉いさんは、それでもたたみかけるように続けます。




「この数字は、近隣と比べてもいい数字です。今年1年間で、友だちの登録者数を3000人目標にやって参ります」と。



思わず、吹き出しそうになりましたが、まわりのおじさんたちを見ると、どうやらマジのようです。




ちなみに、インセンティブをもうけて友だちになってもらうと言いましたが、これ



「友だち登録してくれてる〇〇プレゼント」とかの類で、コストもかかります。


もちろん、最初の一手はそれで良かったかもしれない。
ただ、3分の1がブロックしているという事実が先じゃないかと・・・



そもそも、LINE@で流しているコンテンツがクソ魅力ないからブロックするんですよ。





これって、外部からみると、すぐにわかりそうなものですが、当の本人たちは本当に気付いていない。
今回はデベロッパーの話ですが、自社のSNSもまったく同じ・・・

そんなコンテンツお客様求めてないから・・・という投稿ばかり。


その割に、頭良さそうに横文字ならべて偉そうに語るのですよ・・・



役員級の意思決定者たちがこればかりの大企業は、ようやくデジタル1年生という話でした。
個の力、小さな会社が活躍する社会はどうやら「いま」のようです。






↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!
















m7322 at 00:11|PermalinkComments(0)

2019年04月22日

35歳から「一生負けない」行き方 書評

書評です。




タイトルは



35歳から「一生負けない」生き方


無題





著者は



竹田陽一氏  経営コンサルタント





栢野克己氏(カヤノ カツミ)  講演家、作家



です。



まず、タイトルがイケてますね。


以前、「35歳の教科書」という藤原和博氏の本も読みましたが、私はこの手のニッチなタイトルに非常に弱いとともに、このマーケティングにいつも感心します。
これって、35歳の人にしか需要ないとおもいきや、それを迎える人も手が伸びやすいタイトルで、実際、「35歳の教科書」を購入したときは34歳のときなんですよね。




それをマネして決めたタイトルが













とかですね。




そういえば、「40歳が社長になる日」という岡島悦子さんの本も読みました。
ご本人から、素晴らしい書評をありがとうございますとリプをもらい、承認欲求が溢れんばかりにみたされたことを覚えています。




少し話がそれましたが、この「35歳から一生負けない生き方」
自己啓発チックですが、ところどころで体に染み渡るほどの言語化が登場し、燃えましたね。




刺さった3つをまとめます。




35歳が人生の中間点



この主張のときに、大人になるにつれ「なぜ時の流れははやいのか」の問いにフランスの心理学者ジャネーの法則が紹介されていて納得しましたね。


単純ですが、20歳までの1年は20分の1です。
しかし、40歳までの1年は40分の1。どちらが短く感じるかは一目瞭然。




35歳が中間点となるのは60歳定年が前提になるわけですが、本書は2013年に出版されたようで、人生100年時代が叫ばれた「直前」である背景もあります。
出遅れた人は80歳まで働き、大器晩成を狙って下さいと(笑)が添え、書いてありましたが、75歳までマイホームローンがある私にとってはさほど冗談にも聞こえませんでした。



勉強を「研究」と表現し、その研究を35歳からほとんどの人がしなくなる。
休日というボーナスタイムをうまく利用し、徹底的に研究せよと。
体力、スピードでは若者には敵わない。戦術ではなく、戦略で勝負する準備を進めよと。



次に



人は3種類




自分で燃える「自燃型
他人が燃えたら自分も燃える「他燃型
燃えないゴミの「不燃型



ちょっと前の、田端信太郎氏の「ブランド人になれ」の一節に、「燃えないヤツは燃えないゴミだ」とあり目を引いていましたが、ずっと前からこの表現はあったのですね・・・



この3種類は1:8:1の割合のようです。
私は間違いなく「自燃型」ですね。



3つめに




できない人の特徴




そのまま引用すると


消極的な人はいままでにやったことのないことや、新しいなにかが提案されると、オウム返しのように反対します。そしてそのあとで、持てる140億個の脳細胞を総動員して、できない局面やマイナスの部分を積極的に集めにかかります。
それがトラック1台分ぐらいになると、その多さで「自分の能力も捨てたもんじゃない」と変なところに自信を持つものです。



これまた完全同意ですよね。


そのあとに「できる人」の特徴もまとめられていますが



簡単にいうと、先に


なんとかなる
不可能ではない


と結論を出す人だと。




もうそのあとは書くまでもないと思います。



20分ほとで読めましたが、文章も話言葉で、こういう文章も読みやすいんだなと面白い発見もありましたね。





↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






















m7322 at 14:34|PermalinkComments(0)

2019年04月19日

結局は自分に合うもの

研究結果の信憑性??




以前、こんなツイートをしました。







これをはじめに感じたのは、あるインフルエンサー同士のバトルです。



片方の1人はみなさんを知っていると思いますが、メンタリストのDaigoさんです。
もう1人は、登録者数が40万人ほどいる、サイヤマングレートさんというかた。


前者のDaigoさんの認知度は高いので勝手に割愛させてもらい、後者のサイヤマングレートさんという方の簡単な説明だけ。


筋トレ動画を主に配信しており
「ダンベルよりも女子の手を握りたい!」を口癖に多くのリスナーたちを魅了しています。
筋トレをしている私からすれば、非常に参考になる方です。


その中でも「腹筋ローラー」を非常に推しており、その成果を自分自身の身体で表現しています。
実際、私も私のまわりも「腹筋ローラー」は絶対効いているという実感のもと、日々取り組んでいます。


しかし、Daigoさんがある動画内でその「腹筋ローラー」が科学的に効果が証明されていないことを語り全否定をします。
しかも、あの言葉のスピードと〇〇の研究結果という証拠掲示で、それはそれはとても心揺らぐ内容でした。



マジかよ・・・」と。



また、その主張に対しサイヤマングレートさんが「この俺の身体がなによりも証拠だ」と引きません。




それにまた、Daigoさんが



1人の意見なんかに信憑性はないもない。こっちは何百人というデータも元に話しているんだ」とこれまた引きません。



ちなみに、Daigoさん。
その〇〇大学の研究結果。といういつもの展開でダイエットにおけるジョギング。つまり運動も意味がないと否定しています。


私の最近読んだ、この本









これにも、運動で得られる消費カロリーはたかがしれていて意味がないと書いていました。



つまり、データ的には運動していても痩せるわけではないのでしょう。






そんなのに振り回されたくねぇ




私は変わらず、腹筋ローラーで鍛えているし、休みの日、嫁と近くの公園でジョギングもします。



つまり、なにが言いたいかというと、自分で決めればよくね?って話です。
自分で決めることを大事にしたいよねっと思ったわけです。



やはり、大衆のデータなんかよりも、「思い込み」の方が脳や身体に与える影響は大きいと思うのです。


メロンを食べると風邪が治るという人もいれば
酔っぱらうと、IQ50は上がる私もいる。



所詮、何百万人のデータです。



ただ、その「思い込み」が負の性質帯びているとちょっと辛いですよね・・・



「私なんて頑張っても無駄だ」とか
「私はどうしても〇〇ができない、苦手だ」とか


コミュニケーションの不一致や宗教的な概念もこの延長ですよね・・・



思い込み



かなり、強力な原動力ですが、これに意識を寄せるだけで違う景色が見られそうです。



これから「この手」の情報はより溢れ、より私たちに届いていくと思うのです。
しかも、それらは根拠ありそうな情報ばかり。
自分の体験や、感覚、そして思い込みもうまく機能させていきたいと改めて感じています。




↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!


















m7322 at 22:48|PermalinkComments(0)

2019年04月14日

「2割の人間」になるためには


いきなり結論から書きます。




それは




リアクションです。





Twitterからこられるみなさんは「いいね」が一番わかりやすいリアクションだと思います。







私たちは非常にリアクションが下手クソです。





テレビを見て育った私たちは、テレビの中の人が
どれだけ話しかけても、どれだけ面白いこと言っても、スルーできる耐性ができています。
メディアの人間はそれに気付き、オーディエンスを画面の中に配置したり、笑い声や驚きの声をあえてその瞬間に流すことで、視聴者がストレスなくリアクションできるように工夫をしていますね。



すごい理論ですよね?
ただ、悲しいかな・・・自論じゃないです(笑)



極論


リアクションもできないなら、これ見て、これ聞いて、笑いなさい!
となっているわけです。




私たちはリアルな目の前に相手がいなければ、なんの抵抗もなく無視できます。
LINEを冒頭の一行で把握し既読にせず、無視する感じも同じ性質ではないかと。

公における話の場で聞き手の態度もそうですね。



私の尊敬する炎の講演家 鴨頭嘉人氏は



聞き力」と表現し、これが生きる術だ!ぐらいまで言っています。






Twitterの「いいね」がわかりやすいので、そこに話を戻しますが、フォロワーの数に対し、「いいね」でリアクションしている数は2割です。
私だけが気付いている数字でないことは想像できますが、とくになにかを見て感じたものでもないのでこのまま続けます。

有名人でも、マイクロインフルエンサーでも、他アカウントでも2割です。
正確には2割以下。
もちろん、多少の前後はありますし、バズったりすると変わってきますが。

実は、私の会社のメールにも「いいね」機能がありますが、面白いことにこれも2割。



8割の人は上に書いたテレビを見ている感覚で、完全無意識の中です。
無視しているわけでもなく、ただ見ています。



ただ、テレビと違うのは相互性が隠れていること。



つまり、こっちのリアクションを相手は見ることができます。


もちろん、インフルエンサーと呼ばれるフォロワーが爆発的にいるところは見てもらえる可能性低いかもしれませんが、ゼロじゃない。
また、そうでないところは確実に見てもらえます。
マイクロインフルエンサーと呼ばれる方たちも、必ず見ていると思います。


Twitterだけの狭い話だけではなく、リアルのコミュニケーションもまさにそうです。
リアクション。つまり聞き力というのは絶対に重要。
「私は他人に興味がないので」という生き方を否定はしませんが、若干ハードゲーム。



他人に感心を持ち、リアクションを意識するだけで、まずは2割になれると。



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






















m7322 at 22:34|PermalinkComments(0)

2019年04月12日

ちっぽけな勇気に答えてくれる人との出会いが人生を決める

あるとき、Twitterの「仲間」というリストに登録している池田さんのこのツイートが目に入ります。






ちなみに私のTwitterのリストは
「親友」・・・3人
「仲間」・・・20人
「いつもいいねくれる人」・・・10人
「仲良くしたい人」・・・10人
など作っており、約20人ほどいる「仲間」まではスマホ開くと同時にチェックしています。



いいね」なんて0,1秒もかからないですからね。
出し惜しみするものでもないし、読みましたよ!という一方通行かつ私なりの勝手な合図でもあります。

影響力がまだまだアリンコな私はせめて、よくして下さってる方たちの後押しにはなりたいと思っています。



この池田さんとの出会いを多く語ると、文字数パンクするので割愛しますが
なんと同姓同名!!
ちっぽけな勇気を振りしぼり「同姓同名ですね~!」とリプしてから相互フォローし合いました。


よく「いいね」を下さるし、私がリプしてもリアクションしてくれていたので、これはもう「仲間」だ!!とリスト登録していたわけです。



そして、池田さんの上のツイートに対し、しばらく考えます。
負担かけてしまわないかな・・・
俺なんかが、手を挙げてもダメかな・・・
無償に喰いつく感じが、がめついかな・・・」など。


この気持ちのブレは私の武器でもあり、欠点でもあります。
今回は「ちっぽけな勇気」が発動し、アクションできたから良かったですが
おそらく、全体の2割程度。
ほとんどは、通り過ぎてしまいます。


でも、私のヘッダーはこれなんです・・・
なにアル中が脱いでんだと・・・
あなたのヘッダーがこれなら耐えられますか?


IMG_4579



ずっと変えたいな~とは思っていましたが、当然そんなスキルはなく。
(だから、上のようになってしまっているわけですが・・・)



でも、なにか自分らしさは表現したいとは思っていて

上の不安材料があるなか、ちっぽけな勇気とともにこのようにリプします。




無視されても仕方ないと・・・
ただ、なにもしなきゃなにもはじまらないと言い聞かせて待ちました。


すると、、、



ガッツポーズで喜びましたよ!!



はじめてのことなので、どう進んでいくのかもわからず不安でいっぱいでした。



これ、本当にほんの一部のやりとりを抜粋したものです。
この5倍はやりとりがあると思っていただいてもいいです。



IMG_4580


IMG_4582





もうお分かりだと思いますが、どんなものにしたいかということだけではなくて



私がなぜTwitterをしているのか、なにを伝えたいのか、日々なにを意識しているのか
など、私の奥底に眠る、熱い想いをヘッダーで表現してくれようとすごく引き出してくれます。


おそらく、忘れていると思うのでもう一度言いますが、これ無償でしてくれているんです・・・



5日ほどでしょうか?毎日やりとりして、こっちは常に申し訳ない気持ちですよ・・・
普通に考えて、他人のヘッダーにここまで労力と時間かけることなんて、なかなかできないと思います。


池田さんも見るに幅広く活躍されているかた。
ちょっと想像すれば忙しいことぐらいわかります。



何度もこれはどうですか?これはどうですか?といろいろ希望に沿って、池田さん自身も考えてくれて、サンプルを送ってくれます。


一瞬、もうこれ以上ご迷惑をおかけしたくない一心で
池田さんがおすすめしてくれているものに決めようと思いましたが、なんか逆に失礼だと感じたのです。


ここはとことんこだわってみよう!
と。

IMG_4583



かなりできあがってきたところに、「I CAN DO IT」を入れたいと言い出します。
もうここまでくると、切れられてもおかしくはない・・・




とそんなこんなで、できあがったヘッダーがこちら



IMG_4585




大満足でした!!



この赤の背景で私の燃えている感じを。
唯一、自慢できる陳列スキルを私の好きなダンベルで包み込み
100均の将来可能性を説いていく、革命を起こすという大義を「100均revolution」で
最後に自社の社名の由来である「I  CAN  DO  IT」を。




人生における成功の度合いというのは、自身におけるキーパーソンにどれだけ出会えるかということだと思うのです。
これは相性やタイミングによりますが、そのはじめにはやはり「ちっぽけな勇気」だと思います。
「踏み出す一歩」とも表現されているかたがいました。
その「ちっぽけな勇気」に答えてくれる人がキーパーソンの条件でもあります。
いや、「ちっぽけな勇気」に引き寄せられる人がキーパーソンかもしれません。



私は今回、このご厚意に感謝しかありません。
どこかで恩返しをしたい気持ちを持っています。
これを忘れることはないでしょう。
万が一、池田さんからDMがきて、「今度の引っ越し手伝って下さい」と言われれば、飛んでいける動力は備わっています。



私に対してだけではないはずです。
10人にしていれば、10人が池田さんに対して今の私のように感謝を抱いています。
SOSをだせば、この10人は必ず池田さんを助けると思うのです。




信用を稼ぐ時代」であることは周知の事実ですが、実際このように実行している人に出会うと改めて再確認できます。


まんがびとの平田さんも言っていましたね。
2人で100均と出版の将来のビジネスを語っているときだったと思います。
「自社は利益いらないので・・・」と。



やはり、これからはこのような方たちが活躍する時代なんだなと。



この場を借りて、池田さん。
ありがとうございました!!!



↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!
























m7322 at 14:15|PermalinkComments(0)