クリスマスイブ~平成のバブル~「死ぬくらいなら会社辞めれば」

2017年12月29日

まんがびと~平田さんとの出会い~

さっき、9作目となる


バカの陳列術。限界突破の売上を作るには売場に革命を起こすしかない!



を書き終えて、納品することができた。



我ながら今回も良作ができた!と言いたいところだが


今回はこのまんがびとの平田さんの事業の素晴らしさを考えたい。



そもそもの出会いは「クラウドワークス」での


今までの経験をもとに執筆させて下さいとお願いすることから始まる。


その前の段階だと、何か副業的な収入源を求めていたことと

文章が何かと仕事場で評価されることが多かったので

クラウドワークスに登録するところなのだが。





自分の経験や知識をあるテーマに沿って文章に落とし


それを世に出していただけるというのは


凄い価値を提供していると思う。





自分の今までの経験や知識をしっかりインプットするためには


話すか書くかしかない。


なかなか、講義をさせてくれる機会はないし

本を書かせてもらえる機会もない。


だから、みんな日記やブログやSNSで発信している。


その手段を執筆として提供してくれているのが


平田さんの事業の1つである。


最初に自分の書いたものがAmazonで売られているのを見たときの


興奮は今でも忘れない。


それだけでも平田さんの事業の社会貢献度は高い。


「趣味は何ですか?」といわれて「執筆すること」と答えてチャンスが広がったこともあった。


このような価値を提供してくれている事業は本当に素晴らしい。


しかも、そのような体験やインプット機会を得られるのにもかかわらず


契約に沿った報酬も頂けるし、売上などの結果の部分も教えてくれる。


冷静に考えると支払わなければならないのはこっち側では?と思うことすらある。


それだけ、本当に素晴らしい体験をさせてくれる。


この体験をきっかけに本が大好きな1人の上司との会話もすごく価値があるものになってるし



先日、「本当に尊敬してます」とまで告白された(笑)



多くの人は知らないうちにいろいろな経験と知識を無意識で蓄積している。


その量は莫大で相当な価値あるもの。


専門的であればあるほど、それを強く欲している人は多くいて


需要と供給がガッツリ一致する。


ただ、今は職場とか支社、事務所とか小さな経済圏で直接行われていて


運悪く上司に恵まれなければ、開くべき芽はことごとく摘まれていく。


教育ってやつね。



それを広い経済圏でもやりとりできるように、需要と供給の仲介役にも


平田さんの事業は大きく貢献できると思う。


広い経済圏での教育ってやつね。




キンコン西野さんの「革命のファンファーレ」にあったけど


「今は信用力を稼ぐべき」というフレーズを見たときに、真っ先に平田さんの事業が


思い浮かんだ。



平田さんの出版実績は1500冊を超えていて


私が1冊1冊の出来上がり時に感謝と信用を向けているのであるから


この実績分の信用がこの方には蓄積されているということになる。





報酬もほとんど関係なくて、インプット、発信のツールと考えるならば


今やだれもが使っているTwitterやインスタなどと同等価値のコンテンツすら感じる。



先日上司が「池田さんの本を会社に提案してみてはどうですか?」と言われた。


そういうツールにもなる。


残念ながら、自書では会社の批判が多いに盛り込まれているので、なかなか難しいが(笑)




何かイノベーションが起きそうな予感!!






















m7322 at 14:26│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クリスマスイブ~平成のバブル~「死ぬくらいなら会社辞めれば」