働き方改革って一番大事なのは勤務外の過ごし方が勤務内の生産性を上げる

2018年03月30日

妄想力の重要性

そもそも妄想とは

根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実や論理によって訂正することができない主観的な信念。


と定義されている。



最近、この妄想力がいつにもまして発動されることが多い。
自覚症状としても人よりも妄想してしまうことは間違いなく多くて、なんでこんなに俺は妄想するんだろうなんて考えると、小学生のときの「一人遊び」が根源にあるように思う。



キン肉マン消しゴムといって、ゴム製でできた小さい人形が当時流行っていて、それを机の上を戦場にして戦わせていた。

しかも、ただ戦わせるだけではなくて、しっかりストーリーがありエンディングまで自分で妄想し遊んでいた。

中学生になると、女性に興味が湧くものの、全くモテず彼女はおろか女の子と会話することもできないぐらいで、ホントにこれは冗談ではなく、一日一回でも女の子と会話ができた日をカウントしていたこともあった。

そんなだから、アタマの中の妄想力だけが鍛えられていくことになったのだと思う。
寝る前には必ず妄想タイムみたいなのが30分ぐらいあって、あれやこれや妄想していた。
エロ本圏も友達は漫画や写真、映像なんかで盛り上がっていたが、私は意外とエロ本の最後にある、作品紹介なんかの「文章」に興奮することができた。


そうして、妄想力を鍛えてきた恩恵が、34歳になった今花を咲かせているのだ。


ある程度の思慮分別、知識、客観的視点などが身に付いた今、当たり前と思っていた私の妄想力が若干異常であることに気付く。

しかし時代の変化というのは、当たり前じゃないことが当たり前になること。
アタマおかしんじゃない?ってことが広まるような時代は今まで繰り返されてきた。

離れたところとコミュニケーションが取れる電話
空を飛ぶ乗り物


外国の人と簡単にコミュニケーションが取れる
仮想通貨
eコマースの広まり


EVや自動運転
VRやIoT
不老不死


これらの根源は妄想力であって、ここからどうしたら実現できるかというアクションに移っていくことで、私たちが使用できるまでになる。


つまり、子どもの教育的な観点からも、リア充と呼ばれるような2人以上のコミュニティで多くを過ごしていると妄想力が鍛えられない。
もちろん、そこで鍛えられる能力もあるが。
1人という狭い空間で、無限の妄想領域に飛び出して遊んでいる時間も重要だというのが今回のテーマ。


みなさん、妄想しましょう!!

↓私が書いた電子書籍です↓
もし興味あるものがあればぜひ読んでください!!






















m7322 at 17:57│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
働き方改革って一番大事なのは勤務外の過ごし方が勤務内の生産性を上げる