成長

2016年11月01日

税金ってなんぞ!

税金?
言葉はわかる。
種類は?
全部は知らん。
酒税って?
言葉は知ってる酒に課される税だろ?

そんなレベル。
小学校、中学校の時ちゃんと勉強していたら…

まず
税金は大きく2種類ある。
国税と地方税。
この説明はなくていい。
国税が25種類、地方税が13種類あるんだって。

んで、その中で自分が直接納めるものを直接税、代わりの者に納めるものを間接税と分けるらしい。

1つ例にしたものを先に説明したら分かる。
驚いたものからいくよ。

酒税、これは国税の間接税。
直接払ってるじゃんと思うけど酒屋のおっさんに税金払ってるわけじゃないよね。
酒屋のおっさんにとりあえず払ってるだけなんだ。
んで、金額がびっくりして
350の缶に対して
ビールが約77円。
発泡酒が約47円。
第3のビールが約28円。

「ビールが馬鹿高いのは税金のせいか〜い」
酒好きの俺にとっては衝撃だったね。

てっきり、味にこだわってて深い味わいがあるから高いのだと。
また高いのは美味しいという固定概念が深い味わいに拍車をかけるよね。

どうやらこれを一律55円にする案が通るとか?
メーカーはまた色々大変そうだね…

もっと掘り下げればまだまだあるんだろうけどこれだけ知ってればよくない?

1日1個調べてアウトプットしていこうかな。
1ヶ月あれば、ほとんど覚えるじゃん!







m7322 at 22:53|PermalinkComments(0)

2012年05月06日

夏目漱石 こころ

いつもビジネス書や自己啓発本ばかりを読んでいたので、たまにはと携帯小説ではあるが夏目漱石のこころを読んだ。

もともと、読書をする人間ではなかったので小説自体初めてと言っていい。

まぁ色々な人が色々な事を評価しているみたいだが、非常に楽しめた。

使われている文章が巧みで、各所の情景を上から眺めているような錯覚に陥り、「Kは自殺した」のところは鳥肌が立ち、恐怖感を味わった。

良い時間を過ごせた。




Android携帯からの投稿


m7322 at 02:48|PermalinkComments(0)

2012年05月04日

ミスをしてしまった時

以下、カーネギーの「人を動かす」より

自分が悪いと知ったら、相手にやっつけられる前に自分で自分をやっつけておいた方がはるかに愉快ではないか。

自分に誤りがあるとわかれば、相手のいうことを先に言ってしまうのだ。
そうすれば、相手がはなにもいうことができなくなる。

人間は自己の重要感を望む。
自分で自分の罪を認めた時、相手が自負心を満足させる唯一の方法は、それを許す寛大な心持ちになる。



Android携帯からの投稿


m7322 at 23:28|PermalinkComments(0)

答えが出た

以下、ベンジャミン・フランクリンの自叙伝より

「ベン、キミは駄目だよ。意見の違う相手に対しては、まるで平手打ちをくらわせるような議論をする。それが嫌さに、キミの意見を聞くものが誰もいなくなったではないか。キミがそばにいないほうが、キミの友人たちにとってはよほど楽しいのだ。キミは自分が一番物知りだと思っている。だから、キミにはものがいえなくなる。事実、キミと話せば不愉快になるばかりだから、今後は誰も相手にすまいと皆が思っているんだよ。だから、キミの知識は、いつまでたっても、今以上に増える見込みはない。今のとるに足りない知識以上にね」

フランクリンはこの手酷い非難を素直に受け止めた。
自分が今、破滅の淵に向かって進んでいると悟ったあたり、彼は偉大であり、賢明だった。



Android携帯からの投稿


m7322 at 23:13|PermalinkComments(0)

2012年04月28日

実行力

ビジネスパーソンにとって1番大事なものは‥‥

最近、ようやくわかった気がする。
それは、実行力だ。

口先だけの多数派と行動する少数派とあるように、実行し続ける事は容易ではない。
基本的に「理屈を良く話す人」は前者になりやすいと思う。

情報や知識やノウハウは万人が得る事のできるもの。
その中で成功するものとそうでないものが存在しているのは実行するかどうかではないだろうか。

成功した時は自信という今後の糧に。

失敗した時は反省と改善という今後の糧に。

実行しなければ、楽ではあるが今後に何も残らない。


自分自身、実行力を高めていかなけれ
ばとこれを書きながら再認識する。



Android携帯からの投稿


m7322 at 00:17|PermalinkComments(0)